JAGUAR

気分はすっかりリジィで一杯なんですが・・・

デントリペアvivid 堀内です。

8月にマイケル・シェンカーが来日!
今回は歴代のボーカリスト(バーデン、ボネット、マッコリー)を引き連れての来日という事なので・・・これはヤバイですね。
個人的には少し聞き込みの甘い、マッコリー時代・・・少し予習しておかないといけませんね(^-^;

Img_0568
最近は重度のシン・リジィ漬け状態になっているので、そろそろ切り替えないと。。。(゚ー゚;

Img_0569
本日はリピーター様がご来店下さいまして、フロントフェンダーをデントリペア。

Img_0570
浅い凹み2ヶ所で、工具はいずれもウインカーを外した穴から無事に届いてくれました(*^-^)

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

一台直しでリフレッシュ!

こんばんは、vividの堀内です。

本日はジャガーXK8のデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_0684
御依頼頂いたのは・・・「目に付く凹みすべて」と言う事で、1台まるまる直し!で御座います(o^-^o)

Dsc_0682
主に、フロントフェンダー、ドア、クォーターを修理させていただきましたが、合計で15箇所ほどになりました。

Dsc_0683
中には工具が入らない場所もありましたが・・・「どんどん引っ張っちゃって下さい」とオーナー様も言って下さったのでガンガン・・・いや、そこはやっぱり慎重になりましたが・・・無事に施工出来ました(^-^;
(年式を疑うほど・・・塗装の状態も良かったので剥がれる気配はありませんでしたが)

Dsc_0676
意外とアクセスには苦労することもありますオープンカーのクォーターパネルですが・・・

Dsc_0677
ドア側、トランク側、かなり施工しやすい構造になっていまして助かりました(*^-^)

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

大きめなドアパンチの凹み!

こんばんはvividの堀内です。

Dsc_0607
本日はまずジャガーのドアパネルのデントリペアからご紹介させて頂きます。

Dsc_0605
ドアの中心に8cmの凹みです。
ドアパンチによるものとは思いますが・・・かなり強めに当てられてしまったようですね(。>0<。)

Dsc_0606
それでも工具は無事に届きましたので(*^-^)問題無くリペアは完了です。

Sn3o0194
出張修理では、ダイハツ・エッセのガラスリペアのご依頼を頂きました。

Sn3o0196
ブルズアイ(目玉キズ)とスターブレイク(星型にヒビの入ったキズ)が混じったキズでしたが、こちらも無事にリペアが完了です(^-^;

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

凹みよりも・・・体勢がキツイ?!

デントリペアの場合、凹んでいる場所によってはたとえ小さな凹みであっても難易度が上がる場合があります。

Dsc_0397
たとえ工具が届く場所でもやりにくい所であったりすると「思わぬ汗」をかくことも事も御座います。(私が最近、かなり太ったことも大きく影響しているのかも・・・)

Dsc_0398
↑ 一見、簡単そうな凹みでしたが・・・

Dsc_0413
極端にドアの下の方に凹みがあったりすると・・・リフトで高くして施工した方が体勢が楽な場合も多いです。。。

Dsc_0422
午後にご来店下さったジャガーのお客様の場合も・・・
リアドア下部の凸デントでしたが・・・まさに地面に寝転ぶような体勢で、無事に施工が出来ました。(汗)

本日もご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁に近い場所がへこむと・・・

本日ご来店頂きましたのは「ジャガー・X-TYPE」のオーナー様です。

Dscf5178
ピカピカのボディ・・・そしてボディカラーも味がありますよね。

Dscf5179
ボンネットもとっても凝ったデザインです。(直すには難しそうなラインですが。。。)

Dscf5172_2
 本日、デントリペアでご依頼頂いたのはフロントドア。

ピンポイントで深く凹んでいます。

タッチアップ跡もありますが、これだけ深いとキズが残る可能性があります。
そして、縁部分の折れ目・・・こちらも跡がのこります。(画像をクリックして頂けると確認出来ます)

このように「縁部分に折れ目」ができてしまうのは、二次災害みたいなもので、当たった衝撃により縁の折れ目ができてしまうのです。
パネルの端近くが凹んでしまった際には良くあるケースなのです。

Dscf5176

縁部分は、完全に二重構造になっていますのでツールが入りません。
状態によっては、縁の折れ目も消せる時がありますが・・・今回はちょっときびしかったです。

中心部のキズは出来るだけ目立たなくリペアしました。



Dscf5177
意識して見ると確認できますが、ここから「クリアー色でタッチアップ」して頂ければさらにわからなくなると思います。
メタリック色の場合、色合わせが本当に難しいので、「クリアー」で仕上げた方が楽ですし、仕上がりも綺麗だと思います。

オーナー様にも大変喜んで頂けました。

本日はご依頼頂きまして本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレスラインのデントリペア。

毎年の事ですが、8月も今頃(お盆)を過ぎるとかなり過ごしやすくなりますね~。

日中はそれなりに暑いのですが、仕事中でも汗の量が全然ちがうので随分楽になってきたと思います。

Dscf3340  本日、ご依頼頂いたのは「ジャガーXJ」。

ご依頼のへこみは、リアドアに2か所です。

Dscf3336 アウターハンドル下のプレスライン上(蛍光灯の赤い方)のへこみは、4cmほどあります。

この場所、内部構造によっては手ごわいリペアになる事もあります。

Dscf3337 幸い工具もうまくアクセスできまして、問題無くリペアができました。

Dscf3339  いかがでしょうか?

プレスラインはリペアできないのでは?と思っている方もいらっしゃいますが・・・ご安心下さい、ここまで直ります。(状態にもよりますけど・・・)

本日はご依頼頂きまして有難うございました。l

| | コメント (0) | トラックバック (0)