ルノー

ドアパンチによる凹みはデントリペアで解決です!

デントリペアvivid 堀内です。

本日は業者様よりご依頼頂息ましたデントリペアのご紹介です。

Dsc_1036
こちらは軽自動車のフロントドア・・・5cmオーバーのドアパンチです。
良く見て頂くと分かるのですが・・・縦スジに少し幅があるんです。。。
これはドアが当たってから、横に擦るような感じでグイっと動いた為だと思われます(。>0<。)
これがさらに強く当たってしまうと、鉄板もかなり伸びてしまうので恐いですね。

Dsc_1037
無事にリペア完了です。鉄板の伸びもほとんど無くて、きれいにリペアが出来ました。

Dsc_1025
続きましてもフロントドアの凹みです。

軽自動車ではありませんが、最近はパネルも薄目ですから小さいからと言って油断はできません。

Dsc_1026
こちらも無事にリペア完了です(*^-^)

塗装キズも付いていなくて幸いでした。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

快適な一日。

こんばんは、vividの堀内です。

今日は非常に涼しくて・・・作業もはかどりました(o^-^o) 一昨日の灼熱地獄がウソのようでした。。。

Dsc_0825
ご来店頂きましたのはルノー・カングーのオーナー様です。

Dsc_0820
まずはスライドドアの凹みから・・・

Dsc_0821
軽い横ズリの凹みです。作業前には塗装キズも目立っていましたが・・・こちらもコンパウンドでほぼ目立たなくなりました(*^-^)

Dsc_0823
続きましてはボンネット先端の凹みです。
こちらは意外と広範囲に影響が出ておりました。

Dsc_0824
パネルの端近くの凹みは・・・意外な部分にまで歪などが出ている事も多いです。

Dsc_0826
最後はフロントドアです。
プレスライン上に小さいですが「芯」のある凹みです。

Dsc_0827
工具を入れた感じでは、凹みのすぐ上側に補強がありましたので・・・場所的にはかなりきわどい位置だったことになりますね(^-^; 無事にアクセス出来て何よりでした~

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

小さなうちに修理しておきましょう!

本日はルノー・カングーのガラスリペアのご紹介です。

Sn3o0177_2
「いつキズが付いたのかわからない」との事でいたが、いずれにせよキズが小さな内に気づかれて良かったと思います。

Sn3o0173
小さなキズですが、「動き」だしたら・・・最悪の場合、ガラス交換となってしまう事も御座います。

本当に僅かなひび割れキズでも見つけたら「即修理」が安心ですね。

Sn3o0176
強度の回復、キズの広がりの防止、車検にも合格します。

「もしも」の時はご連絡下さいませ。

本日はご依頼下さいましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工具はどこから・・・入れるのでしょうか?

恐る恐る結果を聞きに行った「健康診断」ですが・・・

異常なしhappy01ということでかなりホッとしております。
40を過ぎると・・・常に不安が付きまとっていますので・・・

さて、本題ですが・・・

最近、お客様から良く聞かれますのが「裏から押すのは良く分かりましたが・・・ドア以外では、工具ってどんなふうに入れるんですか?」

。。。っと言う質問です。

確かに、見た目にはほとんど隙間らしいものが無いですからね~

疑問に思われるのも当然だと思います。

Dscf5774
○の当たりに凹みがある場合ですが・・・(ホンダ・モビリオスパイクのクォーターパネルです)

この場合、テールレンズを外して、目の前のサービスホールがベストです。(一般的には)
しかしこのお車の場合、内部の補強に邪魔されて×。

Dscf5776

結果・・・バンパーを外して・・・こんな感じで工具を入れてリペアしました。
下側からだと補強をかわして凹みに届く状態だったんですね。。。

このように、内張りやパーツを外させて頂いて「出てきた穴や隙間」から工具を入れる事が多いのです。

自動車には、内張りなどを外すと整備や軽量化の為などで意外と「ありがたい穴」が多いものなのです。

本日もブログをご覧頂きまして有難うございました。

Dscf5773

 ご来店頂きました「ルノー・ラグナ」のデントリペアのご紹介はみんカラブログの方でご紹介させて頂いております。

よろしければこちらも御覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へこむ事意外にも衝撃による影響があります

本日は、「ルノー・エスパス」のオーナー様がご来店です。

Re1  このお車は、個別輸入車とかで国内にはあまり数が無い、とっても珍しいお車らしいです。

迫力もありますが、デザインもかなりカッコイイですね~(個人的にかなり気に入りました)

Dscf3555 本日はボンネットのデントリペアをご依頼なのですが・・・リペアするスペースを確保すると・・・こんなにお尻が出てしまいます。。。

Dscf3540 大きさは15cmくらいですが、衝撃によりボンネット裏の補強のカドがそのまま表面を盛り上げてしまっています。。。

なので最初の1時間は・・・ひたすら叩くのみでした。

スジ状の出っ張りをとにかく処理しないと、へこみも上がりませんからね~(かりに、へこみだけ処理できてもかなり違和感が残ってしまうと思います)

Dscf3547 出っ張った部分の処理が終わると、今度は低い所(へこみ)を裏から押してリペア終了です。

でも、今日はほとんど叩いていたような気がします。

Dscf3556 オーナー様にも満足して頂けまして、お役に立てて良かったと思います。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。

週末も休まず営業しておりますので、ご依頼お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1つは条件が悪く・・・

本日のご来店は「ルノー・ラグナ」のオーナー様です。

Dscf3419  ご依頼頂いたへこみは、リアドアとクォーターの2か所です。

 しかし、クォーターのへこみは内部で二重構造となっている場所でリペア不可でした。

Dscf3418 あらゆる方法を試しましたが・・・お役に立てませんでした。。。

表から引っ張る方法もありますが、タッチアップしてありましたし、表面に保護シール?が貼ってある為、引っ張る事も出来ませんでした。(残念です。。。)

L1  ドアのへこみは、3cmのうっすらと浅いへこみです。

写真に撮るにはちょっと大変?でした。

とは言え、実際に見ると意外と目立つんですよ。。。。

Dscf3423 アクセスも良かったので、10分ほどで終了する事ができました。

しかし、このへこみも条件が悪ければ苦戦する事もあります。

出来ることなら、2つともリペアしたかったのですが・・・

本日は、ご依頼いただき有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)