修理

表面の欠けているキズにもご注意下さい!

フロントガラスについてしまった(飛び石による)キズで、意外と侮れないのが「チッピング」といわれるキズです。

Sn3o0370
チッピングはパッと見、ひび割れていないのでついついガマンして放置してしまう事が多いようです。

しかし、中にはほんの僅かですが内部にヒビが隠れている事も多々あるのです。
もし、小さなひび割れがあった場合・・・いずれは伸びてしまう事もありますのでご注意頂きたいと思います。

Imgp0787
拡大して確認して見ないと分からないようなひび割れも結構御座いますから。。。

Sn3o0371
       「気になっていたチッピングキズも修理しておけばここまで回復します」

もしも、フロントガラスに小さなキズなどを見つけてしまったら・・・是非早めにお問い合わせ頂きたいと思います。
お見積り・キズの診断は当然「無料」です!お気軽にご連絡下さいませ。

ありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び石キズの応急処置

長野市でも午後からすごい雪になりました。

明日までにどのくらい積もるでしょうかね~?

さて本日は、ガラスリペアでの非常に大切な応急処置のお話でございます。

Imgp0780
走行中に「バシッ」と飛び石被害にあわれると・・・このように大切なお車のフロントガラスにひび割れキズが出来てしまうことがあります。

でも、このような飛び石キズは状態が悪化する前であればガラス交換することなく修理で十分対応が出来ます。

リペア(傷口に専用樹脂を浸透させます)をしておきますと、キズの広がりを防ぎ、強度・見た目を復活させ、車検にも合格します。

そこで!

被害にあわれた直後に是非実行して頂きたい事が御座います。

本日のように雪が降ったり・時には雨であったり・・・朝に霜が降りたりすると、この傷口からどんどん水分や不純物が傷口に浸透していってしまいます。
水分は天気が良ければすぐに蒸発してしまいますが、不純物は取り除くことはできないので仕上がりにも影響する場合がありますのでご注意頂きたいのです。

Imgp0779
被害にあわれたら「ビニールテープ」でしっかりと傷口をふさいでおいて下さるようお願い致します。(テープに貼りムラが御座いますと逆に水分などが入りやすく・乾きにくくなってしまいますのでご注意下さいませ。)

Imgp0783
一番間違いが無いのが「ビニールテープ」です。
その他の・・・セロテープ・養生テープ・マスキングテープなどは水を通してしまったり、粘着性が強すぎたりしますので出来れば避けて下さいませ。

ガラスはとてもデリケートですから、是非ご協力をお願い致します。
(もしも濡れてしまった場合でも・・・リペアは可能ですのでご安心下さいませ。応急処置をしておいて頂く方がより安全と言う事でございます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリットがいっぱいです!

本日は業者様からお預かりしたお車のデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_1845
 ボンネットのへこみはすごく目立ちますので、良くご依頼を頂く場所です。

へこみの場所が、補強の中とかで無ければ御覧のような支点を作って作業します。

ボンネットは、構造が比較的開放的なのでほとんどの場合問題無く作業できますが・・・先端付近は工具が入らなかったり、フロントガラス側は作業性が悪い(やりずらい)という時もあるのが特徴です。

Dsc_1836

 ボンネットのへこみは、場所によっては運転中も見えてしまう事もありますし、なんと言ってもお車の「顔」ですからリペアしておくとお車の印象も随分と良くなりますよね。

デントリペアはアルミボンネットでも施工可能ですので、是非ご検討下さいませ。

Dsc_1841
 短時間で綺麗にリペアが出来ました。
業者様にとっても、お車を買われるお客様にとってもメリットはすごく多いと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

この度はご依頼頂きまして誠に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーナー様の為に!

本日も、昨日に続き中古車販売店様からのご依頼です。

Dscf5039
 すでに売約済みのお車ですが・・・

「せっかくなので綺麗にしてから納車したい」という事です。

経費的にはお店負担となりますが、これもオーナー様の事を考えてのこと・・・

お客様からの信頼もえているお店って、こういった気配りが本当にできていますよね。



Dscf5064  
 中古車をリペアする時の私も(全国のデント屋さんも)同じ気持で仕事させてもらっています。

納車されて、車を見て・・・「へこみが無くなっていたら」ぜったい嬉しいに決まっていますよね。

今回も、精一杯リペアさせて頂jきました。
本日はご依頼頂きまして有難うございました。

夕方からは、ガラスリペアのお見積りに出かけましたが・・・
こちらは破損状態が厳しくリペア出来ませんでした。残念ですが・・・

Dscf5158
さて、こちらはデントリペアで使用する専用ライトです。

ちょっと時間ができたので、本日は久しぶりのメンテナンス。
デントツール(棒)は定期的に手入れをしますが、ライトなどは・・・久しぶりです。

毎日使っていると、所々痛みますね。
足りない材料は明日調達して、さらに使いやすくしようと考えております。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時には協力して!(デントリペア・鈑金塗装)

朝から雨となりました。

寒さも日に日に増してきておりますので、体調管理はしっかりしておきたいものです。

Dscf3823 本日は、鈑金屋さんからのご依頼です。

←スライドドア下部に40cmオーバーの横ずりのへこみ。

タッチアップしてありましたが、これほどのえぐれたキズはデントリペアではちょっと難しいですね。。。

がんばってみてもこれだけのキズが残ってしまう事を考えると、鈑金塗装が正解だと思います。

で、業者さんからのご依頼として・・・「パテを脚力少なくしたい」ので、デントリペアで塗装の事は気にせず、所謂「荒だし」をしてほしいと言うことでした。

Dscf3822 キズの上側のプレスラインも少し変形しておりましたので(こちらはデントリペアできっちり直しました)それと合わせて施工せさて頂きました。

1cm幅くらいでえくれているキズを残して、出来る限り整えました。

板金作業のお手伝いといった感じですが、パテの量が少なくなればそれだけ仕上がりも良いのでメリットは十分にあります。

ひどいスリキズていどなら、デントリペアで直してから塗装だけして仕上げるって事も可能です。

ご依頼に対してはデントリペアと鈑金塗装のどちらがベストなのか、お客様の身になってしっかり考えていく事も大切だと思っております。

これには、同じ考えをもって下さる業者様の協力が不可欠なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1つは条件が悪く・・・

本日のご来店は「ルノー・ラグナ」のオーナー様です。

Dscf3419  ご依頼頂いたへこみは、リアドアとクォーターの2か所です。

 しかし、クォーターのへこみは内部で二重構造となっている場所でリペア不可でした。

Dscf3418 あらゆる方法を試しましたが・・・お役に立てませんでした。。。

表から引っ張る方法もありますが、タッチアップしてありましたし、表面に保護シール?が貼ってある為、引っ張る事も出来ませんでした。(残念です。。。)

L1  ドアのへこみは、3cmのうっすらと浅いへこみです。

写真に撮るにはちょっと大変?でした。

とは言え、実際に見ると意外と目立つんですよ。。。。

Dscf3423 アクセスも良かったので、10分ほどで終了する事ができました。

しかし、このへこみも条件が悪ければ苦戦する事もあります。

出来ることなら、2つともリペアしたかったのですが・・・

本日は、ご依頼いただき有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その時すでに・・・プシュッ!っと。。。。

昼間、ぽっかり時間が空いてしまったので「健康診断」に行ってきました。

何と言っても体が資本ですから、毎年、これだけは欠かさず行っております。仕事がら、「眼科」にも行った方が良いかもしれませんが・・・こちらはそのうちに。。。(体の方は、いたって健康でした。。。ちょっと安心しました)

Dscf3332  そして、午後8時から「トヨタ・クラウン」のオーナー様がご来店です。

実は昨夜も、お見積りを兼ねてご来店頂いたんですが・・・その時、すでに私の体内にビールが入っていたため(すみませんでした)改めて本日、お越し頂きました。(お見積りだけはさせて頂きましたが。。。)

Dscf3330  普段は、夜(日没後)のリペアはしないのですが・・・とっても忙しく、昼間は時間が取れないんですよ。。。との事でしたので今回はお受けさせて頂きました。

ご依頼のへこみは、Aピラーの両サイドに4cmと3cmの2つです。

この場所はツールが入りませんから「引っ張って」直します。

片側1時間で、計2時間・・・お時間を頂き、リペア開始です。当然、引っ張るだけでは直りませんから、叩いては、引っ張るの繰り返しで直していきます。

Dscf3333  ほんの少し歪が残りましたが、オーナー様には大変喜んで頂けました。

当店にご来店頂く前に、オーナー様ご自身、ネットなどで「デントリペア」についての情報はかなり集められたようで「ツールのアクセス」の事をかなり心配しておられたんですが・・・今回は、引っ張る事で対応できましたので、お役に立てて良かったと思っております。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日もクォーターのリペアです

本日も、業者様からご依頼を頂きました。(いつも、本当に有難うございます)

Dscf3321  「スズキ・アルトワークス」のデントリペアです。

場所は、昨日のヴィヴィオと同じでクォーターの両側です。シート、内張りを外すところなどは昨日と同じですが・・・ワークスの方は、内張りのパーツが2分割されているので「直したい所」だけ外せば良いのでこちらの方が作業しやすいかもデス。

Dscf3322_2 こんな感じで、半分だけ外せます。

軽自動車の場合、構造もシンプルなので大した問題ではない気もしますが・・・できればこの方が楽ですね~

Dscf3315 ドアの近くのこのへこみが一番目立つモノでした。

深さもそれなりにありますし、塗装キズもあります。

でも、鉄板の状態は意外と素直!

Dscf3317 想像以上に反応が良く、ストレスなくリペアができました。

両側合わせて10か所ほどのへこみを直させて頂きました。

Dscf3328 お待たせしていた整備士さんとバトンタッチして、デントリペアの作業は終了です。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに「vivio」のリペアです

本日は、業者様からのご依頼で「スバル・ヴィヴィオRX-R」のデントリペアに行ってきました。

「ヴィヴィオは得意でしょ?」と言われちゃいましたが・・・その言葉通り、隅々までわかっている車で御座います。(でも、リペアするのは久し振りです。。。)

Dscf3292  クォーターパネルに5cmのへこみです。

Dscf3309 リアタイヤに近い場所なので、シートを外し、内張りを完全に取ってしまった方が作業性は増します。

Dscf3304

工具のアクセスは良好になりましたが、軽自動車はパネルが非常にデリケートですから・・・・慎重に作業していきます。

新たなオーナー様の為にも、きっちりと直しておかなければ。。。

Dscf3297  綺麗に仕上げる事ができました。

 後は、反対側です。Dscf3305

こちら(助手席側)には沢山のへこみがありました。(10か所位。。。)

Dscf3312  こちら側も無事に終了です。

本日は、ご依頼有難うございました。

お盆休みに入っている方も多いと思いますが、「デントリペアvivid」は休まずに営業中で御座います。

ご依頼、お待ちしておりますので宜しくお願い致します。デントリペア vivid

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デントリペアは奥が深いですが・・・へこみも深いです。。。

昨日に続いて、本日も「ゲリラ豪雨」並みの雨。

県内でも、土砂災害や床上浸水など被害が出ている所があるようです。

本日は、出張修理でしたが・・・雨が降る前には仕事が終わっておりましたので助かりました。

Dscf3261 本日は、業者様からのご依頼で「ホンダ・ストリーム」のリペアです。

先日、お見積りさせて頂いた際にアクセスを確認しましたが・・・内部に「壁」があり、なかなかツールがへこみに届かない状態。

衝撃点も鋭く、深く・・・お受けするか・・・少し悩みました。

Dscf3265  アクセスも良くないので、取りあえず引っ張って「浅く」してから裏から押し出す・・・という方針にしました。

←「引っ張った後」です。まだまだ深い衝撃点が残っていますね。。。ふ、深いなァ~(汗)

やはり、ピンポイントで(ドライバーの先端で突いたような)深く入っている場合はリペアも難しいですね。。。

ツールの先端ができるだけ衝撃点に近づくように工夫(ツールを曲げたり・・・)して作業しました。

Honda_2  塗装面に跡が残りました。シルバー系は(深いと)難しいですね・・・とにかくバランス取りが難しい場所でした。

担当の方に確認して頂き、なんとかOKを頂けましたが、まだまだ課題があることを痛感しました。。。

今回のへこみから「何を学んだのか?」これを考えて作業して行く事が大切ですね。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)