« 今では懐かしい駅の看板 | トップページ | 2ヶ所分となるケース。 »

工具は入らない場所ですが・・・

デントリペアvivid 堀内です。

本日のデントリペアの御紹介は、ご来店下さいましたアウディA6のお客様。

Dsc_1230
御依頼頂きましたのはクォーターパネルとルーフサイド(ピラー)の凹みです。

Dsc_1226
まずはルーフサイドですが、この場所は内張りを外してもまず工具は入りませんので(車種にもよりますが)プーリング(引っ張り)での施工となります。
但し、今回の凹みのように「芯」が深いと凹みの中心部は出来らない場合も御座います。

Dsc_1227
今回も肌目一つ分ほど・・・1mm位ですが、僅かに芯は残りました。。。が・・・言われないとわからない程度ではあります(^-^;

Dsc_1228
続きましてクォーターの凹みです。
軽い縦スジ状の・・・ドアパンチのような凹みです。

Dsc_1229
今回はキズも無く、塗装の状態も良いので、こちらもプーリングで施工させて頂きました。

ルーフサイドの凹みにつきましても非常に喜んで頂けましたので良かったと思います(*^-^)

本日はご依頼頂きまして誠にありがとう御座いました。

|

« 今では懐かしい駅の看板 | トップページ | 2ヶ所分となるケース。 »

デントリペア」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

輸入車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今では懐かしい駅の看板 | トップページ | 2ヶ所分となるケース。 »