« 手ごたえ十分・・・でした。。。 | トップページ | ちょっと時間を戻しましょう! »

内部は意外と狭いのです!

こんばんは、vividの堀内です。

本日はダイハツ・タントのデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_0091
ご依頼頂きましたのはフロントフェンダーのドアパンチらしき凹みです。

Dsc_0086_2
大きさは5cmちょっとありました。(ちなみに新型タントのこの部分は樹脂製なのでデントリペアは出来ません・・・といいますか、凹まないのかな?)

Dsc_0087
工具のアクセスはタイヤハウス内のカバーを外せば簡単なんですが・・・意外と内部は配線やらでギッシリで、細めのツールがやっと入っていくほどでした(゚ー゚;

Dsc_0088
フェンダーのこの場所を直すには少し頼りない(細さ)ツールでしたが・・・無事にリペアは完了です。 アクセス出来ただけでも感謝です(^-^;

Dsc_0090
プレスラインもきれいに復活しましたね!

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

|

« 手ごたえ十分・・・でした。。。 | トップページ | ちょっと時間を戻しましょう! »

デントリペア」カテゴリの記事

ダイハツ」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内部は意外と狭いのです!:

« 手ごたえ十分・・・でした。。。 | トップページ | ちょっと時間を戻しましょう! »