« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

修理可能なうちに!

本日はガラスリペアのご紹介です。

Sn3o0120
ご来店下さったのはホンダ・ザッツのオーナー様です。

Sn3o0116
車検も近いと言う事でしたが・・・被害直後から比べると「傷が大きくなったかもしれません」という事でした。。。(汗)

傷が伸長するスピードは様々ではありますが・・・

Sn3o0117
今回は小さなうちに修理ができましたので良かったと思います。

お仕事でも毎日使われるお車という事ですから、これで安心してお使い頂けますね(o^-^o)

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来る限り、キズも消したいですよね!

本日は三菱ekワゴンのデントリペアのご紹介です。

Dsc_0939
デントリペアは、屋外であっても条件が合えば作業は可能です。
(日差しが直接当たっていたり、白系の色の場合は凹みが見えないので厳しい時も御座います、ご了承下さい)

Dsc_0935
ドアパンチのようで、凹みの中心部には相手の塗料が付着しています。。。。

Dsc_0937
塗料は何とかコンパウンドで落ちそうですが・・・多少キズは付いていますね。

Dsc_0938
塗装キズも最終的にはここまでわからなくなりましたのでOKではないでしょうか。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工具はどこからアクセスするのか?

先日、業者様との勉強会の席で・・・「ボンネットの補強がある場所とかでもデントリペアが可能ですか?」

・・・と、質問を頂きました。

確かにボンネットを開けて凹みの裏側を見ると、補強があったり袋構造であったりして工具が入らなそうですよね。。。

Dsc_0931
本日ご依頼頂きましたスバル・ステラもボンネットの凹みでした。

Dsc_0928
3cmほどの凹みで、ボンネット先端付近、丁度アールがついている場所でした。

裏側は完全に袋状になっており、確かに厳しそうでした。

Dsc_0933
それでもいろいろ探していれば・・・こんな隠れた場所に「ここからどうぞ!」という穴が御座います。

Dsc_0934
補強部の端・・・ここからも工具は入ります(o^-^o)

Dsc_0929
車種や場所によっては「悔しいけれど、どうすることも出来ない」というケースも時々はございますが・・・何とかなってしまう、何とかしてしまう事が大半で御座います。

どうかお気軽にお問い合わせ下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「STI」はそのままに!

この週末もよく降りましたね・・・雪が。

本日、まずは出張修理の予定でしたが、出かける前の「雪かき」ですでに汗だくに。。。
運動不足ぎみなので、体を動かし汗をかくことは大いに結構だとは思いますが・・・

デントリペアの前に、出来れば「腕はあまり使いたくない」というのが本音です。

Dsc_0924
本日はスバル・インプレッサのデントリペアのご依頼です。

Dsc_0921
クォーターパネルに15cm近い凹みです・・・深さもありますね。。。(汗)

ステッカーが貼ってある場所ですから、なかなか難しい所ですが・・・現状のステッカーを生かすにはデントリペアがベストといいますか、それ以外には考えられませんね。

Dsc_0922
凹んだ衝撃で大きく盛り上がってしまっていた所は塗装が割れてしまっていましたが、リペア中にそのキズが広がらないように特に注意して作業しました。

Dsc_0923
触れる場所が限られてはいましたが・・・出来る限り作業させて頂きました。

Dsc_0926_2
本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

Dsc_0927
こちらは・・・約5年ぶりでお越し下さったマツダ・アテンザのオーナー様。ガラスリペアのご依頼を頂きました。
遠い所、おまけに雪の中・・・ご来店下さって本当にありがとう御座いましたo(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事にリペア完了!

本日はガラスリペアのご紹介です。

Sn3o0111
お車はホンダ・インサイトです。

先日、オーナー様よりお問い合わせを頂いてから・・・悪天候が続いておりましたので、その間に伸長してしまうのでは?と少し心配しておりましたが。。。

Sn3o0107
本日まで大きく広がってしまう事は無かったようで、まずは一安心です。

Sn3o0110
リペア後、光を当てると傷の輪郭はわかりますが、きれいにレジンは浸透しております。

今年は寒いので、飛び石被害の直後、すぐに傷が伸長してしまうケースが本当に多いようですのでどうかお気をつけ頂きたいと思います。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じパネルでも・・・!

本日はポルシェ996のデントリペアをご紹介致します。

Dsc_0912
ご依頼頂きましたのはすべてクォーターパネルの凹みです。

Dsc_0900
3cmほどの凹みが中心です。

996のクォーターパネルに工具を入れて修理する場合ですが・・・

タイヤ中心より前方向ですと工具のアクセスは良好です。

Dsc_0903
後ろ方向でも工具の入るスペースは十分にあるのですが・・・体勢的に難しくなるケースが多いです(ノд・。)

Dsc_0904
それでは後ろ方向は施工が出来ない?・・・・ということでは決してありません!

デントリペアにはまだまだあの手、この手と引き出しが御座いますのでどうかご安心下さいませ!

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は良く降りますね~

「もう、雪かきはあきましたね~」

Dsc_0888
・・・この冬は、お隣さんとこんな挨拶を交わす日も多いです。。。

本日、長野市では22cmほどの積雪だったようですが・・・ホントに雪かきも大変です!

Dsc_0896
本日はホンダ・ゼストのデントリペアのご依頼です。

Dsc_0889
フロントドアの縁近くに御覧の凹み。。。。

一見2cm程度に見えますが、実際には4cm以上の凹みで、芯も深めです(。>0<。)

Dsc_0895
ガラスを下げ、デントリペア専用の工具を凹みの裏側へ・・・

Dsc_0893
15分程度で作業は完了!

Dsc_0894
凹みを見せて頂いた時は、やりにくそうな場所と感じましたが・・・実際には条件が良くてスピード解決となりました。ホッ。。。(*^-^)

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチアップの後でも大丈夫です!

昨日は死ぬほど寒い一日でしたので、それを思えば・・・

本日は随分と過ごしやすかったですね(o^-^o)

Dsc_0883
本日は、三菱ランサー エボリューションⅩのデントリペアのご依頼です。

Dsc_0878
フロントドアのプレスライン上に4cmほどの鋭い凹みです。。。

すでに「タッチアップ」がされている状態ですので、かなり強い衝撃であったことと思われますね。

Dsc_0879
タッチアップは、オリジナルと比べ・・・厚塗りしてあるケースが多いので、塗装に弾力が無く、剥がれやすいので・・・慎重に対処させて頂きました。

↑ 無事にリペア完了です!ヽ(´▽`)/

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、橘警部!

俳優の本郷功次郎さんが亡くなってしまいましたね。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

本郷さんと言えば「特捜最前線」での橘警部。

本当に大好きでした!

男くさくてかっこよかったなぁ

Dsc_0875
今頃は「課長やおやっさん」達と天国でゆっくりお酒でも飲んでおられるのかな・・・・

本当に沢山のすばらしい作品をありがとう御座いました。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単なものなんてありませんね。。。!

小さいけど、なかなか難しい凹み・・・というのが御座います。

Dsc_0837
こちらのフロントフェンダーの凹み、大きさは1cmほどです。

深さも一見それほどでもなさそうですが・・・実際には針の先で突いたように芯が深い凹みです。

Dsc_0838
芯が深い場合、無理に追わずに「あえて残す」事も御座います。

それはパネル全体のバランスを見て施工しているからなのです。

↑ 少し引いてみた時、違和感が残らないように施工しているのですが・・・如何でしょうか?

Dsc_0839
これを追ってしまうと「バランス」が崩れて不自然(盛り上がった仕上がり)になってしまうことがあるからなのです。
これをきっちりと見極めて修理にかかることが非常に大切になります。(きれいに、バランスよく残す事も時には必要です)

小さな凹みでも「簡単なもの」などありませんね。。。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかってはおりますが・・・!

本日はホンダ・アコードのデントリペアのご紹介です。

Dsc_0851
業者様からご依頼を頂きました。

Dsc_0848
フロントドア上部にドアパンチと思われる凹みです。

ホンダのお車は、ドアの上の方であっても問題無く工具が入る事が多いので安心です。

Dsc_0849
・・・っというのがわかってはいましても・・・・やはり実際に工具が届くのを確認した時には、少しほっとしてしまうものです。。。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか凹んでいることも・・・!

今日の朝は、顔が痛く感じるほど冷え込みましたね~(。>0<。)

それでも連休中は晴間が続いていますので、お出かけするには「まずまず」といった所なのでしょうか?

Dsc_0873
本日はスバル・BRZのデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_0870
オーナー様も「いつ出来たのか、全くわからない」という凹みはルーフ後方です。

木の実でも落ちてきたのでしょうか?

「給油の度に目に付いてしまう」とのことでした。 確かに!

Dsc_0872
凹みの状態などから、今回は内装などは外さずにプーリングにて施工させて頂きました。

(プーリング・・・凹みの表面側からの引っ張りと叩きで施工致します。)

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷もいろいろ・・・です。

本日はガラスリペアをご紹介させて頂きます。

ご依頼頂きましたのはスズキ・エブリイです。

Pap_0001

フロントガラスの飛び石キズにも様々なパターン(割れ方)が御座います。。。

Pap_0003
今回はひびが一本・・・とてもシンプルなタイプです。

Pap_0002
施工後・・・ひびの部分はきれいに消えましたね(o^-^o)

Pap_0005
続いてはトヨタ・ヴィッツ。

こちらの場合、よく見てみると下側に髭のような長いヒビが2本確認できますね。

Pap_0004
こちらも無事にリペア完了です!

傷が大きくなってしまうとガラス交換となってしまいますので、飛び石被害にあわれた後は出来るだけ早めに修理しておくことをおすすめ致します。

本日はありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るさは重要です!

本日は業者様の営業車のデントリペアのご依頼を頂きました。

Dsc_0858
mとa(ステッカー)の間に3cmほどの凹みです。。。

工具はまったく問題無く届いたのですが・・・屋外での作業であった為、凹みが上手く見えなくて苦労しました(。>0<。)

Dsc_0860
白いボディーですと特に見えませんね。。。

デントリペアでは作業環境、特に「明るさ」は大切でして・・・
凹みの状態・塗装の肌目などが明確に見えないと仕上がりに大きく影響してしまいます。

Dsc_0862
・・・っという事で、最終仕上げの段階では御覧のような明るさになる環境にお車を移動して頂きました。

↑ 見え方が全然違うのがお分かり頂ける事と思います。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックドアの凹み・・・意外と気になりますよね?

今日も比較的暖かい一日でしたが・・・明日からはまた下り坂になるようです。。。

また冬に逆戻りでしょうか。。。(。>0<。)

Dsc_0846
本日はミニクーパー・クラブマンのデントリペアをご紹介致します。

Dsc_0841
ご依頼頂いたのは、スプリット・ドアに出来てしまった凹みです。

Dsc_0842
内装は外しておいて頂いたのですぐに作業にかかれましたo(*^▽^*)o

Dsc_0843
内部に補強があったのですが問題無く工具も入り、スピード解決でした!

Dsc_0844
本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ

明日、6日(水)~7日(木)はお休みとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この場所が凹んでしまうと!!!

この週末は、妙に暖かく・・・冬も一休みといった天候になりました。

これくらい暖かいと・・・仕事もしやすい・・・ですね(o^-^o)

Dsc_0705
本日はアウディQ3のデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_0703
ルーフ後方にあるアンテナが何かと接触してしまったようで・・・ルーフ部分が御覧のように変形してしまったようです。(↑実はデントリペアでは良くご依頼頂く凹みなのです)

「できれば天張りは外さずに・・・」という事でしたので、今回はプーリングで施工させて頂きました。(塗装剥げのリスクはありますが、天張りの脱着工賃が無い分、金額的にお安くなります)

Dsc_0704
縁部分に多少違和感?がありますが・・・

Dsc_0707
アンテナを戻せば隠れてしまうので、まったく問題ありません(o^-^o)

・・・ちなみに、もしこの凹みを直さなかったとしましたら・・・僅かな隙間から雨が入って内装(天張り)が大変なことになっていたことと思います(ノд・。)間にあって良かったですね~

ご依頼頂きましてありがとう御座いました(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »