« やっぱり、ショック・・・です。 | トップページ | 後ろから見られるのはイヤですよね! »

デントリペア工具が入らない時は・・・?

本日はアウディ・A7のデントリペアをご紹介させて頂きます。

Dsc_1029_2
修理場所はルーフサイド。
ピラーなどと同様に通常のデントリペア工具が入らない場所になりますので、修理には特別な工具を使って表から引っ張る方法をとらせて頂いております。

Dsc_1024_2
引っ張り(プーリングといいます)は「面」で直すことは簡単な分、御覧のように「芯」のあるへこみには少し大変な思いをする事もあります。゚゚(´O`)°゚

Dsc_1026_2
少し余分に引き出して・・・叩き・・・を繰り返す事で徐々にへこみを消していきます。

Dsc_1027_2
塗装面に劣化や深いキズなどがありますと引っ張った時に塗装をはがしてしまう心配もありますが・・・オリジナル塗装であれば剥がれる心配もほとんど無いと思います。。。
(こればかりは「絶対」とは言い切れませんので、状態を見させて頂いてから判断させて頂いております)

本日はありがとう御座いました。

|

« やっぱり、ショック・・・です。 | トップページ | 後ろから見られるのはイヤですよね! »

デントリペア」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

輸入車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デントリペア工具が入らない時は・・・?:

« やっぱり、ショック・・・です。 | トップページ | 後ろから見られるのはイヤですよね! »