« 厳しい条件でした! | トップページ | お待たせ致しました! »

ドア・エッジ部分のデントリペア

本日はご依頼頂きましたデントリペア・ガラスリペアをそれぞれご紹介させて頂きます。

Sn3o0324
こちらはガラスリペアです。
ひび割れキズではありませんが、視界の妨げになるという事でご依頼を頂きました。

Sn3o0326
キズ跡は完全には消えませんがあるていどクリアーになりますのでほとんど気にならないレベルまで回復することができます。
また、ひび割れキズではなくてもこうして施工しておくと安心ですね。

Dsc_0609
続きましては、ドアのエッジ部分のデントリペアです。

ドアを開けた際に壁などに強く当たると・・・御覧のようにエッジが折れてしまいます。
この部分、工具はなかなか入らないのですが状態によってはかなり改善することが可能です。

Dsc_0610
今回の場合、専用工具はまったく届きませんでしたので「叩く」ことで出来る限り修復させて頂きました。

Dsc_0612
内側にかなり折れ込んでいたドアの縁部分ですが、ここまでまっすぐに回復しました。

Dsc_0614
完全修復とはいきませんが、出来るだけ違和感のないように仕上げました。

本日はご依頼頂きまして誠に有難う御座いました。

|

« 厳しい条件でした! | トップページ | お待たせ致しました! »

デントリペア」カテゴリの記事

ガラスリペア」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

ウインドリペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドア・エッジ部分のデントリペア:

« 厳しい条件でした! | トップページ | お待たせ致しました! »