« 乗る度に目につく場所ですよね! | トップページ | デントリペアとガラスリペア »

善白鉄道をたどる道

夏と違って日中の散歩でも心地よく感じる季節です。

Imgp0492

こちらは長野県庁の裏側にある町の象徴ともいえる旭山。

この時期、ブラブラするには最高に気持ちが良い私のお気に入りのコースとなっています。

本日は、そんな散歩コースのさりげない風景をご紹介します。

かつて善白鉄道もこの旭山の横を裾花川とともに走っていたんですよね~

Sn3o0186
始発駅の南長野駅を出たガソリンカーの最初の停車駅はこちらの「山王駅」。

現在は山王(さんのう)小学校の校庭になっています。

Sn3o0189
 こちらが駅舎へと続いていた階段ですが、山王駅はかなり高台にあった駅と言えますね。

Sn3o0188
 駅跡の小学校のグランド・・・かつて市営プールも隣接してあったようです。
少し緑色?をした水のプールだったとか・・・すぐ隣の裾花川から水を引いていたのでしょうかね?(ある意味、良い時代ですね)

Imgp0497
 続いてはこちらの「妻科駅」です。
右側の少し広くなっている場所が駅だったところです。

場所的には県庁の裏側で、善光寺平用水が流れ昔なつかしい街並みが残るところです。

Imgp0506
現在は車ですが・・・当時はここを電車が通っていたのです。

Imgp0511
地元の暮らしと非常に密着した「水路」であったようです。

Imgp0547
 これは・・・ひょっとしたら、当時の電車の枕木ではないでしょうか?
戦争末期、鉄(レール)などは必要な物資として回収されたのでしょうが、枕木などはそのままとり残されていたのかもしれませんね。。。。

今度は、信濃善光寺駅のあった新諏訪町方面に足を伸ばしたいと思っております。

|

« 乗る度に目につく場所ですよね! | トップページ | デントリペアとガラスリペア »

長野」カテゴリの記事

善光寺白馬電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善白鉄道をたどる道:

« 乗る度に目につく場所ですよね! | トップページ | デントリペアとガラスリペア »