« 工具が入るか・・・入らないか・・・ | トップページ | 善白鉄道? »

ガラスリペアの目的

本日はガラスリペアをご紹介致します。

Sn3o0174
 小さなキズですが・・・

「大人しくしているのは今のうちだけ」である可能性がグンと高い・・・のが怖い所ですよね。

何時、どんなことがきっかけでキズが広がってしまうかもしれません。。。

Sn3o0177
 キズの中心部分である衝撃点、そこから広がっているヒビキズ・・・無事に施工完了です。

大切なのは、衝撃点・ヒビの隅々まできっちりとレジン(専用樹脂)を浸透させる事です。
多少、修復跡が残りますが・・・とにかく空気を抜いてレジンを完璧に浸透させればキズが広がる心配も無くなります。

Sn3o0161
 しかし・・・キズの内部にレジンがすんなり入るという事はほとんどありません。

このようなツールでヒビとヒビとをつなげたりしながら「レジンの流れ」を作ってやる必要もあります。(これがかなりコツのいる作業なんですね)

ガラスリペアは、「キズを目立たなくする」事以上に、症状をそこで食い止める事が最も大切なのです。

本日はご依頼頂きまして有難う御座いました。

|

« 工具が入るか・・・入らないか・・・ | トップページ | 善白鉄道? »

ガラスリペア」カテゴリの記事

ウインドリペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラスリペアの目的:

« 工具が入るか・・・入らないか・・・ | トップページ | 善白鉄道? »