« 内部構造によって出来る凸 | トップページ | ご来店に感謝致します!ありがとう御座いました。 »

少し厄介な場所・・・というイメージですが・・・

本日ご紹介させて頂きますホンダ・ストリームのデントリペア。

Dsc_1476
 凹みのあった場所は御覧の(赤○)位置。

リアタイヤの上側、クォーターパネルと呼ばれる場所になります。

このクォーターパネルに工具を入れるには・・・
・テールレンズを外す
・内装を外す
・ホイールハウス内に穴をあける

などの方法が御座います。

しかし、それでもアクセスが難しいという時は・・・表側から引っ張って施工する事も出来ます。

Dsc_1472
 今回は内装を外して工具をアクセス致しました。

脱着費用が別途かかってしまいますが、クォーターパネルへのアクセスでは一番確実な方法になると思います。(最近はテールレンズから工具が入らないお車が多い気が致します)

Dsc_1475
 意外と鋭く入っていましたが・・・無事に施工出来ました。(少し、塗装キズが確認出来ます)

クォーターパネルは簡単にアクセスが確認出来ない場所ですが、よほどの事が無い限り工具は入りますので是非お問い合わせ頂きたいと思います。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。

|

« 内部構造によって出来る凸 | トップページ | ご来店に感謝致します!ありがとう御座いました。 »

デントリペア」カテゴリの記事

ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し厄介な場所・・・というイメージですが・・・:

« 内部構造によって出来る凸 | トップページ | ご来店に感謝致します!ありがとう御座いました。 »