« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ご紹介頂きまして・・・感謝致します!ありがとう御座いました

本日ご紹介させて頂きますのはホンダ・ステップワゴンでご来店下さったオーナー様。

Dsc_1553

 ガラスリペアをご依頼頂きました。

        

ありがとう御座いました。

被害にあわれてからすぐ傷口にテープを貼って頂いたという事で、不純物の侵入もなく、リペアの手助けとなりました。



Sn3o0014_2

Sn3o0017

Dsc_1552
 このあたりはエアコンの風も当たりやすい場所ですので、温度変化が激しい所になります。
今の時期はそれほど心配いりませんが・・・冬場はヒビが伸びやすい場所になるので注意が必要で御座います。

本日、きっちりとリペアさせて頂きましたのでご安心下さいませ。


Dsc_1558
 続いてご来店頂いたのはトヨタ・ハイエースGLのオーナー様。

アクセスが難しい場所・・・という事で、プーリング(引っ張り)にて対応させて頂き無事にリペア完了で御座います。
当店のお客様よりご紹介頂いたとの事で・・・本当にありがたく思います。

とっても励みになります。本当にありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が強くて・・・

とにかく風が強くて出張修理が大変な一日でした。

Dsc_1513
 こちらはご依頼頂いたホンダ・ゼストのデントリペアです。


日差し・強風を避けるようにこちらの場所をお借りしての作業で御座います。




Dsc_1511

 場所はボンネットですが・・・3箇所ほど凹みがありますね。

明るい(特にホワイト系)ボディカラーなので、もう少し暗い条件の方が作業はしやすいのですが・・・いやいや、今日は風をさえぎれるだけでも幸せです。

Dsc_1512
 工具も無事に届く場所でしたので比較的短時間で施工完了で御座います。

 

             本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご来店に感謝致します!ありがとう御座いました。

台風の影響でず~っと雨ですね。(本日温帯低気圧に変わったようですが)

Dsc_1504  
すっきりしないお天気の週末でありましたが、雨の中沢山のご来店を頂きまして本当にありがとうございました。

本日ご紹介させて頂きますのは、スズキ・ジムニーのデントリペアで御座います。

前回から約8カ月ぶりでのご来店で御座います。(ご無沙汰しておりました。そして遠い所お越し下さいましてありがとう御座いました)


Dsc_1498
 ご依頼はフロントフェンダーですが・・・ジムニーはタイヤ側から工具が入りませんので(入りずらい)ヘッドライト側より施工させて頂きました。

Dsc_1500
 少しきわどい場所が凹んでいました。。。左右に少しでもずれていたら・・・かなり大変な施工になっていた事と思います。

Dsc_1502
 塗装の肌目・パネルのラインといい感じで仕上げる事が出来たと思います。

オーナー様にも喜んで頂く事が出来ました。

ご依頼頂いたオーナー様、本当にありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し厄介な場所・・・というイメージですが・・・

本日ご紹介させて頂きますホンダ・ストリームのデントリペア。

Dsc_1476
 凹みのあった場所は御覧の(赤○)位置。

リアタイヤの上側、クォーターパネルと呼ばれる場所になります。

このクォーターパネルに工具を入れるには・・・
・テールレンズを外す
・内装を外す
・ホイールハウス内に穴をあける

などの方法が御座います。

しかし、それでもアクセスが難しいという時は・・・表側から引っ張って施工する事も出来ます。

Dsc_1472
 今回は内装を外して工具をアクセス致しました。

脱着費用が別途かかってしまいますが、クォーターパネルへのアクセスでは一番確実な方法になると思います。(最近はテールレンズから工具が入らないお車が多い気が致します)

Dsc_1475
 意外と鋭く入っていましたが・・・無事に施工出来ました。(少し、塗装キズが確認出来ます)

クォーターパネルは簡単にアクセスが確認出来ない場所ですが、よほどの事が無い限り工具は入りますので是非お問い合わせ頂きたいと思います。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部構造によって出来る凸

週末にかけて台風が接近しているようです・・・ちょっと憂鬱ですね。

Dsc_1454

 本日ご紹介させて頂きますのはスバル・レガシィのデントリペアです。

一時ほどではにような気もいたしますが・・・

それでもまだまだご依頼の多い車種になります。



Dsc_1451
 フロントドア前方の凹みです。

少し「出っ張り」もありますが・・・これは凹みが出来た時に、内部の補強が干渉した為に出来た出っ張りです。

このように補強などの影響が出てしまう場所と言うのは工具も入りずらいものです。。。
(訳あって内張りを外さなかったのでアクセスは本当に大変でした)

Dsc_1453
 なんとか工具を忍ばせて・・・リペア完了で御座います。

・・・脱着した方が全然仕事も早かったと思いますが・・・結果的に施工出来ましたので良かったと思います。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業者様に感謝です

本日は終日出張修理に出かけておりました。

出張修理となると出張先での様々なリペア環境に対応していく必要がありますが・・・

Dsc_1455  私の場合、基本的には屋根付きガレージで作業させて頂いております。

完全に屋外となると・・・
デントリペアは厳しいと思っています。

私はまず作業ができません。

日差しが当たる条件では怖くてツールで凹みに触れません。(でも、日陰があれば屋外でも大丈夫な場合もあります)

Dsc_1482
 しかし・・・プロであるならば・・・

どんな環境でも作業ができるようにならなければいけないのでは?

・・・っと昔は一瞬思った事もありましたが・・・

あまり意味のない事であると今では思っております。スミマセン

私がお世話になっている業者様にはいつもいつもご迷惑をかけてしまいますが、いつもいつも最高の条件のもとで仕事をさせて頂いております。
この点も本当に感謝しております。

                いつも本当に有難う御座います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捻って直す!

ドアパネルの修理では、ガラスを支点にして「L」型の工具でひねるようにして力を加えます。

Dsc_1418


 

主に、このような形の工具を使います。







Dsc_1419
 ガラスの隙間から入れた工具は・・・

内部ではこんな感じになっていると思われます。

これでクイクイひねりを加えると凹みが直っていきます。

こじって接触するので、その誤差と力加減を調整しないといけませんけど・・・


Dsc_1416
 本日ご依頼頂いた中から・・・小さい凹みでしたが・・・しっかりと芯がある凹みです。

Dsc_1417
 芯から工具の先端がずれないようにクイクイっとコントロールします。

本日も、業者様を中心にご依頼を頂きまして本当に感謝で御座います。

明日も全力でデントリペアガラスリペアに取り組みたいと思います。

本日はご依頼頂きまして本当に有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リペア可能な大きさは・・・?

本日はガラスリペアをご紹介させて頂きます。

ガラスリペアで良くご質問を頂くのがどれくらいの大きさのキズまで修理出来ますか?
・・・っと言うもので御座います。

Sn3o0011

 

ある程度広がってしまった状態でも修理は可能だと思いますが、当店では500円玉で隠れる程度までのキズをお受けしております。

仕上がり・強度の面からもある程度の線引きはあった方が良いと考えております。





Sn3o0001_2
 ご依頼頂いた飛び石キズです。

大きさは2cm強で、数パターンのヒビが入り混じったコンビネーション・ブレイクと言われるものです。

Sn3o0003
 被害にあわれてから施工まで数時間・・・すぐにご来店頂いた事も良かったと思います。

複雑な割れ方をしていましたがレジン(専用樹脂)もきっちり浸透しましたので、これで安心して頂けます。

絶対という事ではありませんが、ガラスリペアの場合は被害にあわれてからは出来るだけ早く施工して頂いた方が安心です。
ガラスのヒビは伸びてしまう事がありますので・・・そうなる前にとお考え下さい。

小さなキズであっても油断はできません。

また、ヒビが入っているか分からない・・・というような時は何時でもご相談下さいませ。
営業時間外であっても出来る限り対応させて頂きます。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全体のイメージが変わります

雨降りの一日となりました。
気温も低く、肌寒かったですね~

風邪などひかぬように注意したいものです。

Dsc_1449
本日ご紹介させて頂きますのはトヨタ・アルファードのデントリペアで御座います。

雨の中ご来店下さいまして本当に有難う御座いました。

←やっぱり迫力がありますね。



Dsc_1446
 ご依頼頂いたのはリアクォーターの凹み(二箇所)です。

6cmと3cmほどの縦長の凹みですが、強めに当たっている為塗装キズが深いですね。
(コンパウンドで磨いても消えるレベルではありません)

Dsc_1447
 工具は無事に届く場所でしたので、凹み自体は短時間で修理完了となりました。

Dsc_1448
                   残った塗装キズの状態です。

キズの状態ですが、デントリペア用の専用ライトを消してしまえば・・・ほとんど目立たないので気になる事は無いと思います。
今回のように深いキズをともなう凹みであっても、凹みを直すことで全体のイメージが変わり、キズがあってもあまり気にならなくなるものです。
残ったキズ自体の存在感も薄くなりますし・・・

仕上がりも満足して頂けまして、デントリペアがお役に立てたようです。

ご依頼頂きまして有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上からアクセス・・・?

お客様からのお問い合わせで内張りを外さずにどうやって工具を入れるんですか?
・・・っと良く質問されます。

確かにドアの内側などには、一見工具が入るような穴は見当たりませんよね。

Dsc_1029

 

私も良くブログなどで上からとかガラスの隙間からなどという言い方をしておりますが・・・

つまりは、内部で補強などが邪魔をしていない場合は左のようなアイテムを使って、ガラスとモールの間に隙間を作って工具を入れているわけなんです。


Dsc_1027
ガラスを下げた状態で、僅かにある隙間にこのように保護パットを入れます。

ガラス部分が工具の支点となりますので保護のためにこのパットはかかせません。

次に上の画像にある四角い物体を入れ、空気を送り膨らませると、ガラスとモールの間に数センチの隙間を作ることが出来るのです。


Dsc_1028
すると、このようにデントリペアの工具がスルスルと入って作業が出来るのです。

内張りを外す手間も省けますが、なんと言いましても支点がしっかりと取れますので工具が安定して作業性がバツグンにいいのです。

ドアパネルをリペアする際、ほとんどの場合がこの方法で内張りを外す事なく作業可能になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

即日修理のメリット

本日のデントリペアのご紹介は・・・

Dsc_1433
 納車が明日・・・という事で業者様より緊急のご依頼を頂きました。

フロントドア前方に10cm近い凹みです。

プレスラインも少しつぶれてしまっていますが、アクセスは問題ない場所ですから慎重に作業を進めれば大丈夫です。

Dsc_1435
 夕方からの作業は映り込みでの確認がしにくいのですが、なんとか仕上げる事が出来ました。

Dsc_1437
 (画像はクリックして頂くと拡大いたします) 塗装面に少しキズがありますが・・・気にならないレベルだと思います。

今回のように時間が無い場合はデントリペアがお役にたてると思いますので、是非ご相談下さいませ。
本日はご依頼頂きまして有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凸が出来てしまう訳

本日ご紹介させて頂きますのはスバル・サンバーのデントリペアです。

スライドドアに・・・凹みではなく、凸が出来てしまっていました。

Dsc_0879
 いったい何故、出っ張りが出来てしまうのでしょうか?

ほとんどの場合、ご依頼主様は????。どうして、どこで凸が出来てしまったのか?
・・・っと言った状態です。

Dsc_0882
 スライドドアの内部はこのようになっています。

恐らく、何かの拍子に内部のパーツや補強がパネルと干渉して盛り上がってしまうのだと思いますが・・・それしか考えられませんよね。

Dsc_0880

 でも、この程度の出っ張りであれば、問題なく施工できますのでご安心下さい。

ボディの凹みはもちろんですが、凸であってもデントリペアにお任せ下さい。

ご依頼頂きましてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そーいえば、どうなった?ビバリウム

こちらのブログで以前「ビバリウムに挑戦します」みたいな事を書かせて頂きましたが・・・

その後、ビバリウムとやらはどうなってしまったのか?

・・・っと先日、とある業者様から突っ込まれてしまいましたので・・・

我が家のビバリウムのその後です。

Dsc_1386

 

要約ですが、1つの箱庭が完成しつつあります。

・・・つと言いますか、植物も成長しているので完成と言うのは無い遊びなのかもしれませんね。






Dsc_0986
 1つの水槽の中で、自然を再現して行けば(植物を育てていけば)そこに暮らす動物も自然と成長するという考え方がとっても共感がもてて楽しいのです。

盆栽+動物=ビバリウム・・・みたいな感じでしょうか。

現在は水槽内の掃除もしなくてもOKです。
(バクテリアが勝手にきれいにしてくれています)

(車屋さんのTさん、今度実際に見に来て下さいね~。アクアリウムより面白いですよ~)


Dsc_1429

 さて、本日は木曜日となりますのでデントリペアの施工例はみんカラ・ブログの方に投稿させて頂いております。

「ダイハツ・ミラジーノ」のデントリペア

よろしければご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割れ方もいろいろなんです。

本日もガラスリペアをご紹介させて頂きます。

ガラスリペア(ウインドシールドリペア)はいくら頑張っても?完全に割れたガラスが元通りになる事はありません。
あくまでも補修です。

Sn3o0010

 しかし、仕上がり・強度ともに常に100%を目標にして作業するようには心がけております。

完璧にレジンを入れる事は当たり前ですが、仕上がり面でも、出来るだけ跡が残らないよう工夫する事が大切です。



Sn3o0001
 また、ガラスリペアで出会うキズの特徴にもいろいろありまして・・・時間の掛るもの、掛らないもの、跡が残りやすい、残りにくい・・・など本当に様々なのです。

本日、ご来店頂いたお客様のキズですが・・・我々は「ブルーズ・アイ」と呼んでいるキズです。(目玉みたいな割れ方をしていますよね)

Sn3o0007
 絶対とは言い切れませんが、このブルーズアイのような割れ方ですとリペア跡が残りにくい事が多いのです。(仕上がりが非常に綺麗です)

衝撃点は残りますが、ヒビはほとんど分からないくらいに消えてしまう事が多いのが特徴です。

簡単なキズ・・・というのは無いと思っていますが、素直なキズというのはあるような気が致します。

本日はご依頼頂きましてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再リペアが難しい訳。。。

本日はガラスリペアのご紹介をさせて頂きます。

飛び石などによりフロントガラスに小さなひび割れができてしまう事があります。
放置しておくと・・・突然亀裂が広がって・・・ガラスごと交換ということになる場合があります。

ガラスリペアは、そんな最悪の事態にならないようにヒビを特殊な接着剤で埋めて、強度・視界を復活させるものです。

Sn3o0008
 本日ご来店頂いたお車のキズです。

一度どこかで修理してあるようですが、いろいろやったが上手くいかずにあきらめてしまった・・・っといった状態です。

Sn3o0009
 ガラスリペアの手直しといいますか、再リペアは非常に難しい事が多いのです。

一度、ヒビの中に接着剤が浸透(入っていない部分が多いのですが)しているので再び接着剤を注入するのが非常に厄介な訳です。
ガラス内部に入った接着剤を取り除く事は不可能ですから、新たにヒビ(目立たないレベルで)を入れてレジンの流れる通路を作る必要があります。



Sn3o0013

 接着剤(レジン)がすべてのキズに浸透するように・・・地道な作業が続きましたが、何とか隅々までレジンが入りました。
これでヒビが広がってしまう事は無いかと思います。

再リペアの場合、衝撃点なども(通常よりは)残りやすいのですが・・・最初の状態を考えればキレイに仕上がったと思います。

本日はご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工具が届かない(入らない)時は・・・

日中は汗ばむほどの陽気ですが・・・節電が求められる今年の夏のためにも、今から「暑い」などとは言ってられません。

でも、猛暑だけは勘弁してもらいたいのが本音です。。。。

Dsc_0890

 本日ご紹介させて頂くのはホンダ・インサイトのデントリペアで御座います。


ボンネットの先端付近の凹みです。
(5cmほどのデントです)



Dsc_0886
 インサイトのボンネット前方は二重構造となっており、工具のアクセスが厳しい場合があります。
今回は、まったく入りませんでしたが・・・かなり近くまでは工具が届いていました。
数センチずれていたら届いていたと思いますが・・・残念です。(インサイトの場合、全く入らないという事では決してないので諦めないで下さいね・・・むしろ今回の場所にツキが無いのだと思います)

Dsc_0889_2
 結果的には、工具がはいりませんのでゴメンナサイ・・・とはなりません。

プーリング(引っ張り)で対応させて頂く事でご覧のように施工するができます。

工具が入らない場合でも方法は御座いますのでご相談頂きたいと思います。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気合を入れ直して!

二日間お休みを頂きデンナビ メンバーとデントリペア研修をしておりました。

今回は温泉旅行がメインの予定でしたが・・・そこはいつものメンバーらしくデントリペアの話題が中心になってしまう事は誰にも止められませんね。

Dsc_1371
 今回は長野県に集まって頂いたので、デントリペア以外にも長野の自然を十分満喫してもらいました。

Dsc_1318
 ・・・っと言うことで、本日からは当店も通常営業で御座います。

気分を切り替えましてデントリペア・ガラスリペアを頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キズがあっても施工は可能です

台風1号の影響で長野も終日雨となっております。

明日からお休みを頂いて「温泉でのんびり」という予定なんですが・・・ちょっと残念な天候となりそうです。

Dsc_1082

 さて本日のデントリペアのご紹介ですが、出張修理でご依頼頂いたメルセデスベンツで御座います。

場所はフロントフェンダーのドアに近い場所でしたが、塗装面のダメージが少しキツイ状態でした。

Dsc_1078

 凹みの中心部(見えずらいですが・・・)塗装が剥がれてしまっています。

Dsc_1079

 施行後です。凹みが無くなるとかなり目立たなくなります。

Dsc_1080

かなり接近して見ると・・・このような感じです。

後はタッチアップ処理をして頂けば良いと思います。

傷があると「ノーペイント」のデントリペアでは施工しても無駄?という事は決してありません。

キズは残っても凹みが無くなる事で印象は随分と変わり、キズがあっても目立たなくなる事がほとんどなのです。

キズがある場合でも是非ご相談頂きたいと思います。

ご依頼いただきありがとう御座いました。

お知らせ 5月12日(木)~13日(金)はお休みとさせて頂きます。ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「気にならない時もあるんですが・・・」

本日、ご紹介させて頂く凹みですが・・・

何処が凹んでいるの?

・・・っと、言われる方もいるかもしれません。。。

Dsc_1112

場所はフロントフェンダーの中心付近です。

位置的にとっても視界に入りやすい場所なので、本当にわずかな凹みでも目立ってしまう時があります。

Dsc_1108

「気にならない時もあるんですが。。。」と、オーナー様は言いますが・・・

いつも凹みばかり見ているデントリペア職人の私にとっては、十分目立つ凹みに見えます。(ライトの映り込みの下側が膨らんだように不自然に見えると思いますが・・・ここが浅く・ちょっと広範囲で、凹んでいるのです)

このような凹みは、気にならない方は気にならない・・・のかもしれませんが、一度見つけてしまうと・・・日に日に気になってくるタイプの凹みです。ジワジワくるタイプです。

Dsc_1111

 丁寧にポンチング(叩く)して、デントツールで低いところを押してあげると・・・

これで違和感が消えたと思いませんか?

「いや~、スッキリしました」とオーナー様も言っておられましたが・・・

本当にお車の印象が変わったと思います。(本当にスッキリ見えますよね)

ご依頼頂きまして本当にありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドア、縁部分のデントリペア

連休最終日は、半袖で仕事が出来るほどの暖かさとなりました。

時折吹く風が気持ちよく、絶好の仕事日和?でした。

Dsc_1305

本日、ご紹介させて頂きますのはトヨタ・WISHのオーナー様です。

Dsc_1298

 少し分かりづらい画像ですみません・・・・ドアの縁が折れてしまっている状態です。

(ドアを開けた時にうっかりと・・・意外と多いご依頼です)

Dsc_1301

 縁折れの修理においては、折れ方と内部構造が仕上がりに大きく影響しますが・・・今回の場合は、「折れ方」がきつめなのでなかなか大変ではありました。

少し「折れ目跡」は残りましたが、バランスはキレイにとれました。

Dsc_1304

 オーナー様にもご満足頂けたようで安心しております。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました

GW期間中に、本当にたくさんのお問い合わせ・ご依頼を頂きまして本当にありがとう御座いました。感謝の気持ちでいっぱいで御座います。ありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リピーター様に感謝で御座います

本日は、当店のリピーター様からご紹介頂いたお客様がご来店です。

Dsc_1285

BMW 530i のオーナー様ですが、他府県ナンバーです・・・本当に遠くからご来店下さいました

    本当にありがとう御座います

Dsc_1280

F/Rドアを中心にご依頼を頂きました。

今日中にお帰りになるという事で、それまでの間、3時間ほどお時間を頂きリペアさせて頂きました。

Dsc_1281

凹みの数はかなりありましたが、何とかお約束の時間内に作業を終える事ができました。

仕上がりにもご満足して頂けたようでホッとしております。

Dsc_1292

 作業後、リピーター様を始めお仲間が当店に集結です。

作業中はお車の話で盛り上がっていたのでしょうか?それにしても、皆さん本当に楽しそうでした。

お近くにこられた際には、是非お立寄り下さい。

お待ちしております。

リピーター様を始め、本日は本当にお世話になりました。ありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の時期・・・やっぱりオープンですよね~

本日ご紹介させて頂きますのは ホンダ・S2000 でご来店頂いたオーナー様で御座います。

今の時期、こんなお車でドライブできたら・・・サイコーでしょう!(作業前にすごく想像してしまいました。本気で欲しくなってしまいました)

Dsc_1272

クォーターパネルに4cm近い凹みでしたが、「工具が入れば問題無い」といった感じです。

Dsc_1267

                うっすらとプレスラインがある場所です。

Dsc_1269

 内部は二重構造となっておりましたが、工具が無事に入り、リペア完了で御座います。

Dsc_1271

 ・・・っとは申しましても、そんなに広い場所ではありませんので、使用できるツールは限られました。

グリップの角度を変えられるタイプのツールで無事にアクセス。

出来るだけ内装を外すことなく届かせる事ができました。

Dsc_1274

オーナー様にもすごく喜んで頂けましてホッとしております。

これからも素敵なカーライフを送って下さいませ、本日はご依頼頂きまして本当にありがとう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびりとドライブ

本日5月5日はこどもの日

店舗前にある公園も、今日ばかりはいつも以上に家族連れで賑わっておりました。

Dsc_1257 そして、私は・・・

午後から、小布施~須坂近辺をドライブ。

小布施、須坂では桜がいい感じで咲いておりましてこちらも大変賑わっておりました。


ちょっと山に入ると・・・やりたい放題の彼らに遭遇。(これ以上は近寄れませんでした)



Dsc_1259


 そして、こちらは偶然見つけた名もない「溜池」


すごく綺麗な水色といいましょうか・・・

有り得ないほどの美しさです。





Dsc_1263_2
さらに驚いたのは・・・

泳いでいる魚(鯉?)が黄金色に輝く個体ばかり。

釣りキチ三平の世界だなぁ~

釣り禁止、罰金5千円!との事ですが・・・
なかなか癒される池で御座いました。

Dsc_1209

 

さて、本日のデントリペアのご紹介は・・・

みんカラ・ブログ」にてご紹介させて頂いております。

よろしければご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛練習中。。。?

朝からとっても良い天気でした。

Dsc_1234

 

松本方面に向かう途中の「道の駅」では・・・

巣離れ間近?なツバメたちが一斉に飛ぶ練習?をしていました。

(なん十匹いたのか・・・かなりの数でした)





Dsc_1236

 

少し飛んでは休んで・・・

を繰り返し繰り返し。


頑張れ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで雨にあっても安心です!

GWも後半戦がスタートです。(相変わらず天気はハッキリしませんね。。。)

Dsc_1231
本日、ご紹介させていただきますのはトヨタ・ヴァンガードでご来店頂いたオーナー様で御座います。

遠い所、お越しいただきまして本当にありがとう御座いました。




Pa0_0026
 飛び石によるフロントガラスのヒビの修理です。

数日前に被害にあわれて、雨にもあっているとの事でした。

Dsc_1232
 都合をつけて頂き、早めにご来店頂きましたので、傷が広がってしまう前に対応する事ができました。

いつ伸びるのか?というタイミング・・・

は、本当に予測が付きませんので・・・「出来るだけ早く直すのが安心ですよ」とお伝えするしかないのです。。。。


Pa0_0027
 水分・空気をきっちり抜いて、ガラス専用の樹脂接着剤を浸透させます。

強度もかなり復活しますし、キズが伸びてしまう心配もほぼ無くなります。
(ヒビがある状態ですと、精神的にも良くありませんし・・・出来るだけ早めにお近くのショップに問い合わせして頂きたいと思います。)

施工後、オーナー様が帰られてからしばらくして・・・雨となりましたので、タイミング良く施工させて頂く事ができて良かったな~と・・・しみじみ。

本日はご依頼頂きまして本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーフの構造もいろいろです。。。

本日はルーフ(屋根)にできた凹みのデントリペアのご依頼を頂きました。

1台目、昨日からお預かりさせて頂き、じっくり作業する予定でおりましたが・・・
ヘッドライニング(天張り)が接着タイプであったため、施工ができませんでした。
最近増えてきているこの接着タイプですが、一度剥がすと再利用は難しいと思いますので場合によっては今回のように施工を断念するケースも御座います。
(しかし、場所・凹みの大きさによってはプーリングで対応できたり、脱着せずに、サービスホールから施工可能な場合も御座いますので諦めずにご相談頂けたらと思います)

Dsc_1192
 こちらもルーフの凹みでしたが、通常通り天張りを外して作業ができました。

Dsc_1193_3

ルーフの凹みの修理は、内張りなどの脱着作業の方が大変だったりもしますが、年式の問題などでプーリングが出来ない(怖い)場合もありますから、やはり内張りは普通に外れる仕組みの方がありがたいですね~。

ご依頼頂きましてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついつい車をとめて・・・パチリ。

5月になりました。

今月もデントリペア・ガラスリペア共に頑張っていきますので、宜しくお願いします。

Dsc_1227
 本日はダイハツさんのお車2台のデントリペアでした。

出張ともう一台はお預かりさせて頂きました。

本当に感謝です、ご依頼いただきましてありがとう御座いました。



Dsc_1153

 出張修理でもカメラを持参して、出来るだけキレイに施工例を撮るように心がけておりますが・・・

仕事以外でも、綺麗な景色などを見てしまうと、ついつい途中で車を止めて写真に夢中になってしまう事もしばしば・・・




Dsc_1158
 出張先の中野市にて

菜の花は満開状態でした。

菜の花といえば飯山市が有名ですが、そろそろ見頃を迎えているのでしょうか?
(先日、飯山のディーラーさんのお話では、今年はちょっと遅れ気味というお話でしたが・・・)

このGW、もう少し天気が安定していると有り難いのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »