« クォーターパネルの場合 | トップページ | ちょっと近道・・・ »

深いキズ・・・の場合

「意外と深いなぁ~」

・・・っと思ったのは、塗装面のキズの深さであります。

Dsc_0362
 自転車のブレーキの部分が当たってしまったとの事で、塗装面を削っている状態です。

ヘコミに深いキズが加わり、一層目立つ状態になっているのです。


Dsc_0365_2
                          施工後

デントリペアでヘコミを直す事により、その存在感も随分柔らいていると思います。

キズは残っておりますが、これ以上深追いすると返ってバランスが崩れてしまいます。(盛り上がったような仕上がりになってしまいます)


Dsc_0367_2 深い塗装キズを伴った凹みの場合・・・

・キズが残ってもOKという方と、キズも消したいという方とに別れると思いますが、施工後の状態というのはなかなかイメージがしにくいと思いますので、事前に判断(デントリペアか板金塗装か)するのが難しい事と思います。

今回、施工させて頂いたオーナー様に関しては「キズよりも凹みが気になるので」との事でしたのでデントリペアがお役に立てた訳で御座います。
仕上がりに大変満足して頂けたので良かったと思います。

ご依頼下さいまして本当にありがとう御座いました。
(頂いた「りんご」・・・とっても美味しかったです!どうもご馳走様でした)

|

« クォーターパネルの場合 | トップページ | ちょっと近道・・・ »

デントリペア」カテゴリの記事

ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深いキズ・・・の場合:

« クォーターパネルの場合 | トップページ | ちょっと近道・・・ »