« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

再リペアの難しさ・・・

本日は夕方から激しい夕立となりました。

この所、雨・カミナリともにものすごい勢いの夕立が多いですね。

Dscf5574
 本日は、デントリペア(トヨタ・bB)、ガラスリペア(ダイハツ・コペン)とご来店頂いておりましたが、作業自体は雨の降る前に終わらせる事が出来ました。

特に、コペンはガラスリペアなので・・・この状態で降られていたら大変でしたね。

Dscf5572
 こちらは施工前の状態ですが・・・これは一度リペアをしてありますね。。。

なかなかガラスリペアでの再リペアというのは難しいのですが、出来る限り修復させて頂きました。

Dscf5573
 ガラスリペアの場合、一度レジンを入れて硬化してあるので「やり直し」というのが大変難しいのです。

出来る限り、古いレジンを削って(削れる範囲で)見た目を良くするよう心がけました。
(でも、これくらいが限界です)

ガラスのキズに関しては、その割れ方によってはリペアしてもキズが多少目立ってしまう事もありますが、出来るだけ努力して「目立たなく綺麗に仕上げる」ようにすることは技術者にとっては永遠のテーマであります。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無理なく「押せる」ように・・・

本日は1時からご来店の予定がありましたが、結果的に午前中・午後とご依頼やお見積りを多数頂き忙しくさせて頂きました。有難うございました。

余裕を持って1日のスケジュールは組んでおりますが「凹みの状態」など当日見させて頂く事が多いのでバタバタしてしまう日も御座います。。。

Dscf5571
 本日、最後のご予約であった「トヨタ・プリウス」のデントリペア。

お伝えしていた到着予定時間にピッタリで到着となりました。
(一応、予定通りですが・・・内心は遅れるかも・・・と焦っておりました。)

Dscf5567
 プリウスのドアの修理では比較的ご依頼の多い「プレスライン上」の凹みです。

凹みも深く、ラインの上側にきつい盛り上がりも確認できますね。。。

現状のまま工具で探ると・・・鉄板はカチカチ・・・かなりやりがいのあるリペアとなりました。

Dscf5569
 約2時間ほどで修理は完了です。
とにかく鉄板のストレスを取り、「動く」ようにする事に専念しました。
(2時間、集中しまくりでした。。。)
最初はきついのですが・・・徐々に動きが出てくると「直す楽しさ」が出てくるものです。

ご依頼者様にも大変喜んで頂けました。

本日、ご依頼下さったオーナー様、業者様、本当に有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

複数の衝撃点が付く事もあります・・・

本日、ご紹介させて頂くのは市内よりお越しの「ニッサン・ティーダ」のオーナー様。

Dscf5558
 フロントガラス・リペアでのご来店です。有難う御座いました。

Dscf5556
 飛び石キズですが、御覧のように「衝撃点」が2つ並んでおります。

画像はかなり拡大して撮っていますので、実際の衝撃点の間隔は5mmほどでしょうか・・・

幸いにも「ヒビ」が一本ですんでいるので、真中の衝撃点に機材をセットして作業開始です。

Dscf5559

 結果的に完全にレジンを入れる為には2つの衝撃点、、それぞれから圧入作業をして無事にレジンが入ってくれました。

施工前にあった黒い部分(空気)も完全に消えました。

これで安心して乗って頂けると思います。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目からはさらにお得です!

本日も、相変わらずの暑さでしたね。

まだまだ残暑が厳しいです。。。

Dscf5550
 本日は、まずはディーラーさんへの出張修理で「ホンダ・インサイト」のデントリペアです。

リアドアに4cm近い凹みでしたが、内張りを脱着させて頂き無事に工具のアクセスも出来ました。

Dscf5552
脱着してみて・・・アレ?
普通にアクセス出来そうだな・・・という場所なんですよね。
しかし、なぜかガラスの隙間からは届かなかったのです???

デントリペアでは良くあること?なんですね。内部構造を想像しながら探っているので実際に見てみると・・・

なんだ、こうなっていたのか!って事が・・・
しかし、今回は脱着した方がはるかに楽。無事にリペア完了です。(すでに外していますし)

Dscf5553
 夕方からはガレージにリピーター様がご来店。(お車は三菱Toppoです)

Dscf5555
今まではデントリペアでご来店頂いておりましたが、今回はガラスリペアでのご来店です。

デントリペア・ガラスリペアどちらでも2回目からはリピーター様割引  にてリペアさせて頂いておりますのでとってもお得です(ご利用下さいませ)

予定より30分ほど余計にかかりましたが、きっちりレジンを入れることができました。
ガラスにヒビがあると落ち着かないものですが、リペアしておけば強度も確実にアップしておりますので安心してお乗りくださいね。

本日ご依頼頂いた業者様・オーナー様、本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張ったんですけど・・・ね。。。

本日は、業者様からのご依頼で出張修理に行ってまいりました。

Dscf5529
 場所は、後輪とドアとの間の部分に3cm強の凹みです。

パネルの縁部分にも影響が出ていますし、この場所は工具のアクセスも厳しい所です。

Dscf5540
工具のアクセスが厳しいとなりますと、表から引っ張ってリペアする訳ですが・・・

縁に近い場所がなかなか出てくれなくて苦戦しました。(少し残りました。。。)

Dscf5543  
 かなりの回数引っ張りましたけど・・・大変難しいリペアでした。

Dscf5542
 とは言え、だいぶ改善はされたと思いますが・・・まだまだ勉強ですね。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間に感謝!

Dscf5525
こちらは、本日お見積りのみで出番の無かった「ガラスリペア」キットです。

このように作業の無い日は、すべて分解してメンテナンスしておきます。

Dscf5526
 ガラスリペアの工具で、意外と重要な役目を担っているのがゴム系のパーツです。

消耗品ですが、どんなに良いレジンや機材をつかっていてもゴム系パーツが劣化したりしていると良い仕事ができません。(特に私は神経質だったりします・・・)

ガラス面と直接触れるパーツですし、真空(空気を抜いたり)や圧入(レジンの注入)の際、とっても重要な役割を果たします。

Dscf5527
 こちらはラージピットと言い、大きめな衝撃点などの際に使うパーツです。
これも、やっぱり重要なのはOリングみたいなゴムの部分です。

最近は、職人仲間からいろいろな情報が日々入ってきますので、これらのパーツの扱い方や、メンテナンス方法が以前とは随分変わったように感じます。

おかげでパーツも長持ちしますし、作業性も良くなりました。
作業中も、パーツ本来の力が100%発揮されている気がします。

本当にありがたいことです。
一人よりも二人・・・仲間は多い方が良いですね。感謝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり雨は大敵です!

この所長野市では、夕方~夜にかけて雨が降ることが多くなっています。

毎日、暑いので夕立はウレシイのですが、ガラスリペアのご予約が入っていると・・・

話は別です。

雨が傷の内部に入ってしまうと、きれいに直るものも直らなくなってしまいます。。。
(もしもの時は、水抜きしますが・・・私の場合、一日置いて水分を蒸発させてから施工させて頂いております)

Dscf5522
本日は、業者様からガラスリペアのご予約を頂いておりましたので、実は昨日のうちにお車をピットの中に入れておいてもらっていました。

結果的に・・・昨日は夜から雨!

展示場の中から、お目当ての車を出すのは大変だったと思いますが、おかげ様でリペアの方は何の問題も無くきれいに仕上げる事ができました。

Dscf5523

 ガラスリペアの場合、どうしても「リペア跡」は残ってしまうのですが、状態(割れ方)によってはここまできれいに仕上がります。(よく見ると衝撃点は残っていますが・・・)

ガラスリペアをご検討されている方は、キズの保護(内部への水分・砂などの侵入を防ぐ)の為にも「ビニールテープ」で衝撃点をふさいでおいて頂く事をおすすめ致します。

雨などは晴天にさらせば蒸発しますが、チリや砂などはリペア後も内部に残ってしまうことも多いので注意が必要です。お気をつけ下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低速でガツン・・・

本日は「ホンダ・フィット」のデントリペアのご紹介です。

Dscf5508
 リアゲート、プレスライン上がきつめに凹んでおります。

Dscf5514
 同じく、リアゲートの反対側です。
バックした際にぶつけてしまったようですが、どちらもプレスラインに絡んでおりますね。

Dscf5511

 深さもあり、意外と大変でしたが・・・リペア終了です。

Dscf5515
 反対側です。

深さはありませんでしたが、凹み方がちょっと複雑でした。

なんとか形を整えて・・・こちら側も終了です。

ドアパンチなどと違い、動いている時に当たってしまった場合は凹み方も「複雑」になりがちです。

それに、いっぺんに2つの凹みが出来てしまったわけですから・・・

バックする際には気をつけたいものですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カド、縁は要注意です

本日、ご来店頂いたのは「トヨタ・レジアス」のオーナー様。

Dscf5507
 さすがに・・・大迫力です。ガレージからはみ出しちゃってますね。

Dscf5496
 ご依頼頂いた凹みは、クォーターパネル(テールレンズの横)ですが、縁部分(角の所)が完全につぶれてしまっているので、この場所は跡が残る事をご理解頂いた上で施工させて頂きました。

Dscf5500
 凹んでいた場所は(運悪く)内部が二重構造になっている為、限られた工具しかアクセス出来ません。。。

とは言え・・・なんとか喜んで頂くために、可能性のあるツールで探りながら少しずつ復元していきました。

カドの部分以外は、薄いツールで無事にリペア出来ましたが、カド部分はこれで限界でした。

Dscf5505  
              後ろから見ると・・・こんな感じで残っております。

Dscf5506

                テールレンズを付けるとこんなカンジです。

オーナー様には喜んで頂けましたが・・・後少しなので、悔しい所ではあります。(でも、限界です)

カド部分のキズは、後日オーナー様がタッチアップされるとの事なので、補修後はさらに目立たなくなると思います。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「デンナビ見てますよ」・・・感謝で御座います

最近では、お客様などから「デントリペア・ナビ 見てますよ」というありがたいお言葉を多く頂くようになりました。

なので、お見積りなどでご来店頂いた時なども「説明不要」な事が多くなってきたような・・・

お客様も、デントリペアについて本当に深く理解して頂いているんだな・・・と感じます。

(とはいっても、仕事の前には今まで通りご説明はさせて頂いていますが)

お客様に感謝するとともに、今後とも「デンナビ」を宜しくお願い致します。

Dscf5494
 本日もデントリペア・ガラスリペアと忙しくさせて頂きました。

有難うございました。

ガラスリペアと言えば、(当店の)ホームページでもご説明させて頂いておりますが、まだまだページ数も少ないように感じますし・・・

もっともっとお伝えしたい事もあります。文章も、さらに分かりやすくしたいとも思っています。
秋頃までには、「ガラスリペア」のページもボリュームアップしたいと考えていますので、こちら も 宜しくお願い致します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

一台直しでスッキリ!

本日、ご紹介させて頂くのは「ダイハツ・ミラジーノ」のデントリペアで御座います。

Dscf5492
 昨日からお預かりさせて頂き「気になるヘコミ」をリペアさせていただきました。

Dscf5465
 こちらはリアドア上部の・・・なかなか手ごわい凹みでした。

他にも、ドアパネルを中心に0.5~10cmほどの凹みを直させて頂きましたが、中にはキズが残ったり、歪が残ってしまったりした凹みもありました。

Dscf5486
 しかし、直す前とは雲泥の差です。

やっぱり凹みが無いとお車も美しく蘇りますね!(印象が全然変わりますよ)

大変喜んで頂く事ができたので、私も一安心で御座います。

この度は、ご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折れた所の処理

本日、ご紹介させて頂くのは「ダイハツ・オプティ」のデントリペアです。

Dscf5451                  「ダイハツ・オプティ クラシック」

Dscf5449
 リペアさせて頂いた場所は、バックドアですが・・・この車の場合、トランクと言った方が良いかもしれません。

大きさもそこそこありますが・・・凹みの一部が折れて盛り上がっていて・・・私にとっては大変難しいリペアとなりました。

内部構造はいたってシンプルでしたが、補強が干渉して出来てしまった「折れ・盛り上がり」部分の処理がかなり大変でした。

Dscf5450
 折れてしまっていた部分のクセは完全には取りきれませんでしたが、なんとかいい感じで形にはなりました。

しかし、この折れ目をここまで目立たなくするのは・・・ちょっとしんどかったです。

なぜ、この折れ目が出来てしまったかと言うと・・・内部に補強があり、丁度その場所に力が加わったため、中から(補強が)パネルを押し上げてしまったからなのです。

当たった場所次第では、このようにかなり悪い影響が出てしまう事もあるのです。(ちょっとズレた所が凹んでいたら、リペアもそんなに大変ではなかったかもしれません)

凹んでいる場所・内部構造などで状況は一変してしまいますね。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑厳しいですね

お盆が過ぎても、まだまだ暑いですね。

そろそろ業者様からのご依頼も増えてくる頃ですが・・・

出張先で、炎天下にあった車両を修理する場合には、うっかりパネルにさわって「火傷」なんてしないように注意したいものです。
(屋外にあるお車は、本当に熱くなっていますから・・・)

Dscf5403  
 ドアのリペアをさせて頂く時も、なるべくお車には触れないように注意しておりますが、車体からの熱は、この時期本当にすさまじいモノがあります。

デントリペアは、腕を少し動かす程度の運動量なんですけど・・・これだけ暑いと自然と汗がわいてきちゃいますね。。。

Dscf5406

まだまだ暑い日も続きそうなので、体調管理にはお互い気をつけたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チッピングって・・・?

このお盆休み期間中に高速道路を利用された方も多いかと思います。

そして、走行中に飛び石による被害にあわれた方も多いのではないでしょうか?

本日も、ガラスリペアでのお問い合わせを本当に沢山頂きました。

その中でも「チッピング」・・・いわゆる、ヒビは入っていませんが表面が欠けている状態のお客様が2件ありました。

Dscf5461
 石などが当たり、ガラスの表面だけ欠けてしまっている状態です。

チッピングは、このように拡大して状態を確認しておくことが肝心です。中には、小さなヒビが入っているケースも多々御座いますので注意が必要です。
(小さなヒビがあると、それが伸びてしまう事も考えられます)

ヒビが無ければ特に問題はありませんが、運転席正面の位置にあると「気になってしまう」ものですよね。(目ざわりですね)

Dscf5464
 そんな場合は、こうして補修しておくと気にならなくなると思います。

「欠け」が極端に浅かったり、小さい場合には、レジンの密着を良くする為に「ドリル処理」をしますので、場合によってはサイズが少し大きくなってしまいます。

しかし透明感は増しますので、そんな場合はオーナー様とじっくり話し合い、対応させて頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デントリペアの工具・・・いろいろです!

デントリペアで使用する工具(デントツール)には、本当に沢山の種類があります。

今現在・・・何本持っているのか?
正確には数えたことはありませんが、恐らく60本くらいでしょうか?

Sn3o0011
 この「知恵の輪」みたいなのもれっきとしたデントツールです。
主に「ドア」の凹みの修理で大活躍します。

Sn3o0012_2
 こちらは-ドライバー?

ではありません。。。。

これもデントツールです。薄いヘラ状のツールで狭い隙間(補強の中)に入れて使います。

Dscf3866
 たとえば・・・この程度の隙間があればスルスルと入っていって凹みを直しちゃいます。

デントツールと言うと、何か「鉄の棒」というイメージもありますが・・・

いえいえ、中にはとっても面白い形のつわもの揃いなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶらり大町へ

2日間、お休みを頂きまして・・・

今年は長野県大町市にある大町温泉郷へ行ってきました。

大町市は長野市からも近いのですが、なぜか行く機会が無く今回が初めてです。

温泉郷への旅行ですが、目的は温泉ではなく・・・グルメで御座います。

以前から気になっていたお店を回ってきました。

その中で・・・

Sn3o0018_2
                   「美郷さん」のお蕎麦

有名店だけあり、かなり混んでいました。
そして、期待を裏切ることなく、大変美味しいお蕎麦でした。
ざる蕎麦に付いてきた天ぷら(カニコウモリ草?)もうれしいサービスですね。

Sn3o0021_2
                      「お酒の博物館」
「金蘭黒部」というのが美味しかったです。

Sn3o0023_3
 最近凝っている洋食屋さん・・・今回一番楽しみにしていた「ブラッスリーむっしゅう」さん。

取りあえず・・・一番人気らしい「オムライス」を食べましたが・・・

とにかく美味しくて、ビックリ!ここは通ってすべてのメニューを制覇したいですね。

オーナー夫妻もとっても良い人で、最高の休日になりました。

どうもごちそうさまでした。(またお邪魔させて頂きます)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めに対応できて・・・良かったです!

本日、お急ぎでご依頼頂いたのはガラスリペアです。

Dscf5460
 お車は「ホンダ・オデッセイ」で御座います。

時間的にも(何時も?)余裕がありましたので、本日最初のお仕事に繰り上げして対応させて頂きました。

実は、本日の長野市の天気予報・・・夕方から雨との事でしたので・・・

ガラスリペアの場合、出来るだけ早く施工して頂いた方が良いのです!
(雨にあったり、ヒビが広がってしまったりする前に直した方が良いですから)

Dscf5457

 オデッセイのフロントガラスは大きいので、場所によっては直しずらい・・・なんて時もありますけど、、今回ご依頼の場所は「助手席側正面」でとっても直しやすい所でした。

Dscf5458

 この辺だと、脚立など使わなくても届くので作業性もバツグンにいいのです。

順調にリペアができました。







Dscf5459
 予報通り、夕方からものすごい雨となりました。

午前中に施工させて頂いて大正解でしたね。

ガラスリペアは(特に)被害にあわれてから出来るだけお早めにご連絡下さいませ。
(もし、雨などに遭遇してしまったとしても、処置をすれば十分リペア出来ますのでご心配無く)本日は有難うございました。

              -デントリペアvividからお知らせです-

明日11日(水)~12日(木)はお休みとさせていただきます。ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粘り強く・・・待つことも大切です

本日、ガラスリペアでご来店頂いた「ダイハツ・タント」のオーナー様。

被害にあわれてから1ヵ月ほど経過しているとの事でした。
しかし、直後にビニールテープを貼っておいて頂いたので不純物などの侵入は最小限に抑えられていました。

的確な処置をして頂いたおかげで、キズの広がりも無かったようです。有難うございました。

Dscf5453
 被害直後の施工がなんと言ってもおすすめなのですが、ご都合が付かない場合は・・・

・テープを貼り不純物の浸入を防ぐ。
・ドアの開閉には気をつける(ゆっくり閉めて下さい)
・温度変化(特に冬場)に注意する

などに気をつけて頂きたいと思います。

Dscf5454

とは言え・・・今回はリペアも難航しました。

大きなヒビの内部になかなかレジンが浸透してくれなくて、予定より30分ほど延長させて頂きました。





Dscf5455
しかし、僅かに・・・そして確実に変化はしていましたので、こちらも粘り強く辛抱です。

ガラスはデリケートですから、時にはガラスのペース?に合わせながら時間をかけて直した方が確実なんです。(こちらからは攻めません)

おかげでバッチリ施工ができました。

僅かにヒビは確認出来ますが、レジンは完璧に入りました。(すごくホッとします・・・この瞬間は・・・)
オーナー様にも大変喜んで頂けました。(本当に良かった!)
これで、車検も無事にパス出来ることと思います。

本日は、ご来店頂きまして本当に有難うございました。
(冷たいお茶の差し入れもして頂き、有難うございました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋山郷へ!

今日からお盆休みという方も多いかと思います。

毎年、お盆の頃から暑さも和らぎますので・・・どうか連休中に、この夏の疲れを癒してきて頂きたいと思います。

Dscf5390
 さて、本日は「スバル・レガシィ」のリアドアのエクボのリペアで御座います。

お隣のドアが当たってしまった(ドアパンチ)凹みですが、少し斜めにこするようにヒットしています。(特にメタリック色の場合、直すのに気を使う凹み方です)

Dscf5396

 幸い、アクセスも良く塗装面(シルバー色)も違和感無く仕上げることができました。

これで連休中も、凹みを気にすることなくドライブを満喫して頂けるかと思います。

本日はご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

Sn3o0016_3
 そして、午後からは(予定も無かったので)長野県栄村の「秋山郷」に行ってきました。

ナビで検索すると、あり得ない到着予想時間を示していたので、不安になり新潟のデント屋さんに場所を確認してからの出発となりました。(デントサービス大平さん、有難うございました)

←「蛇淵の滝」

秋山郷は、まさに大自然がそのままに残る秘境といった所でした。


Sn3o0017_3  



ちょっと遅めのお昼は「楽養館」さんで。

岩魚定食も美味でしたし、温泉も良かったです。

風がクーラーみたいに涼しくて・・・湯上りは最高でした。





Sn3o0015_2
 そして極めつけは、栄村で食べた「トウモロコシ」・・・バリウマでした。(10本買って帰りました)

この連休・・・おすすめスポットですよ。ぜひ、行ってみて下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気づかい頂き感謝で御座います

リペア中に嵐のような通り雨がふりましたが・・・

雨にも風にも負けず?無事に本日ご依頼頂いた作業を終了する事ができました。

Dscf5448
 雨に降られてすべてがずぶ濡れになる前の施工です。

「ダイハツ・ミラジーノ」のフロントフェンダーの凹みのリペアでした。

Dscf5442
 ちょっと厳しい状態でした・・・どこまでお役にたてるのか?・・・でも、がんばりました。

Dscf5444
 なんとか形にはなりましたが、「折れスジ」「歪」は多少残りました。。。

もう長いことお付き合いさせて頂いている業者様ですが・・・やっぱりオーナー様に喜んで頂きたいですから、可能性があればあきらめずに頑張らせて頂きます。

本日も、作業中・・・いろいろお気づかい頂きまして有難うございました。

作業後・・・「ブログ見ましたよ」・・・っと!

Dscf5452
「プレミアム」のセットを頂いちゃいました~(グラス付きです)本当に有難うございました

只今、美味しく頂いております(何だか申し訳ないです)やっぱり、美味しいです!プレミアムは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリコ世代!?・・・オマケにはよわいんです。

本日は、新規業者様からのご依頼で「アウディA4」のリペアに行ってきました。

Dscf5433
 場所は、クォーターパネルなんですが・・・

以外にも工具がはいりませんでした。。。。

内部で二重構造(わずかな隙間はあるんですが)になっており、デントツールでのリペアは断念。

了解を得て、表から引っ張ることで対応させて頂きました。

Dscf5439
 無事にリペア完了です。(あきらめないで良かったです)

初めての業者様で、いきなり「引っ張り」だったので・・・ちょっと緊張しましたけど。

本日はご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

それにしても毎日暑すぎです

仕事中に立ち寄ったコンビニで↓思わず買ってしまいました。

Dscf5443

ビールは、なんといっても「サントリー・プレミアムモルツ」ですが・・・

おまけでついてるグラスの誘惑には勝てませんね。。。

こーゆーのに弱いんですよね~(でも、美味かった!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

存在感の問題なんですね

凹みにもいろいろありますが・・・

その凹みの存在が気になるか・ならないか

やっぱり、大きさよりも「場所」ではないでしょうか。

小さな凹みでも、場所によってはすごく目立つ時がありますから。

凹みは小さければ小さいほど板金をするには抵抗があると思いますし・・・

Dscf5429
 こちらはリアゲートにある1・5cmほどの凹みです。

丁度、アールのついている部分なのですごく目立っていました。

Dscf5430
 塗装キズも無く、きれいなパネルに「1cmちょっと」凹みがあるだけなんです。

こんな時こそデントリペアがベストだと思います。

本日はご依頼頂き有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥が深い・・・ガラスリペアの世界

当店 では、デントリペア以外にも「ガラスリペア」をさせて頂いております。

ガラスリペアとは・・・自動車のフロントガラスに飛び石などで出来たキズの補修です。

このガラスリペアですが、デントリペアに負けないくらい奥が深いものなんです。

どちらも「絶対にこうしなさい」という決まりごとは無く、職人の努力・工夫しだいで、やり方にも仕上がりレベルにも差が出てしまいます。

Dscf5343
 ガラスの割れ方もいろいろですから、セオリー通りに直しているだけでは上手くいかない時もあって当然ですよね。

上の画像は、破損箇所にリペア機材をセットした所です(車内から撮影)

ヒビの中心を「衝撃点」と言い・・・ここを中心にヒビが広がっています。
衝撃点はほとんどのヒビとつながっていますのでいますので、ここからレジン(専用樹脂)を入れていけば、すべてのヒビの内部にレジンが浸透する訳なのです。

Dscf5347
 この入れるレジンの粘度や、圧力の加減、タイミングなどは、キズの状態・気温などでも変わりますから、ややこしくなってくるのですが・・・

そこが、まさに職人さんの腕の見せ所なんですね。

そして、直している方としても・・・そこを見つけるのがこの仕事の「楽しさ」だったりもします。

デントリペアもガラスリペアも、物理的に修理不可能な時はありますけど、その可能性は常に高めていきたいと思っております。

本日は有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デント&ガラス・同時施工も可能です

この週末は、業者様からのご依頼が多く、すべて出張修理となりました。

Dscf5420
 そして本日は、大変お世話になっている業者様からのご依頼です。

日曜日ということもあり、大変お客さんが多い中・・・デントリペアとガラスリペアの2台、ご依頼を頂きました。
(手前がガラスリペア、奥がデントリペアです)

一人二役・・・同時施工も可能なのですが、デントリペアの方はちょっと難しい施工となりました。

Dscf5419
 リアゲートの上部ですが・・・ここはドアを外さないと工具が入らない場所です。(内部にゆとりはありますが、凹んでいる位置がサービスホールから遠い為、工具が届かないという状況です)

店長様の了解を得て「引っ張る」事で対応させていただきました。

Dscf5428
 塗装はなんとか(剥げずに)持ちこたえてくれましたが・・・

Dscf5424
 カドの付近に歪が残りましたがなんとか終了です。(4時間ほどかかってしまいました)

凹んでいる場所・パネルの形状・深さ・・・などで難易度ががらりと変わるのがデントリペアですが、今回はその難しさにあらためて奥の深さを感じました。。。。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »