« お待たせしました | トップページ | 慎重に「砂」を除去! »

「出っ張り」もデントリペアで!

6月になりました。
今月誕生日を迎えるので・・・また歳をとってしまいます。。。。
いったい幾つになったのでしょう?
あまり考えたくない事ですが・・・でも、若いころより充実した日々を送っていることは確かなので・・・それだけで幸せなんだと思います。早かれ遅かれ、自分にもそんな時期が来て、それを実感できていることに感謝しておかなければいけませんね。

Dscf5008
仕事帰りにお立ちより頂いた「BMW320i」のオーナー様です。

ご依頼はボンネットの出っ張り。。。

お電話で「出っ張りって、デントリペア可能でしょうか?」とお問い合わせ頂きましたが、出っ張りに関してもデントリペアで施工ができます。(っというか、結構ご依頼を頂いております)最近、ホームページをリニューアルした際、そのことに触れていなかったので・・・反省しております。早急に書き足しておきます。

Dscf5003
工具箱を残して、うっかりボンネットを閉めてしまったようですが・・・

意外と良くやってしまうケースです。
私も、ドライバーを残したまま閉めてしまって悲惨な目にあったことがあります。。。

ボンネットから手を離した瞬間に気がつくんですが・・・もう遅いんですよね。

自分のVIVIOで2回ほどやってしまいました。

Dscf5006_2
 施工方法としては、出っ張りを叩いて落としてOKの時と・・・

薄くへこませる位にたたいてから、裏から押し出すパターンがあります。

出っ張り加減や、鉄板の堅さによって変わりますが、今回は後者のパターンで綺麗に仕上がりました。



Dscf5007
「出っ張り」の場合、塗装面にクラックが入っている事も多いのですが、今回は工具箱がプラスチック性で軟らかかったのが幸いしていたのかもしれませんね。

オーナー様にご確認頂き、とっても喜んで頂けました。

本日は、ご依頼頂きまして本当に有難うございました。

|

« お待たせしました | トップページ | 慎重に「砂」を除去! »

デントリペア」カテゴリの記事

BMW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出っ張り」もデントリペアで!:

« お待たせしました | トップページ | 慎重に「砂」を除去! »