« 慎重に「砂」を除去! | トップページ | 何だか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいで御座います »

シャープデントの場合・・・

本日の出張修理は「BMW・ミニ」のルーフのデントリペア。

Dscf4903
 先端の鋭いものが当たったようで、かなりシャープにへこんでいました。

無理に出してしまうと違和感が残ってしまうので、とにかく根気よくジワジワ出してくる他ありません。

あまり深いと、あえて芯を残してフィニッシュした方が良い場合もあります。


Dscf4906
最後のバランス調整には、いつも頭を悩ませますが・・・

伸びてしまった鉄板を無理に出すと出っ張ってしまうので、難しい所なのです。

肌目に紛れ込ますように、芯を残して仕上げました。



Dscf4910
今回施工させて頂いたお車ですが・・・

天張りを外すとこうなっております。
(脱着はサービスの方にして頂きました。有難うございました)

ミシン目の付いたダンボールが貼ってあり、直したい所だけ、このように剥がせばOK!
とってもナイスな構造ですね。
部分的に剥がせるので、パネルの張りを保ったまま作業ができました。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

Image1
夏も近付いておりますね・・・・本日は「夕立」がありました。
庭でカエルが鳴き出したな・・・っと思ったら、ゴロゴロと雷が鳴り始めました。

なんで雨が降るのがわかるのでしょうか?気圧と湿気に関係あるのかな?

昔からこれを「雨鳴き」と言いますが…メスを呼ぶ時の夜の鳴き声とは違う響きに聞こえるのは私だけでしょうか?

|

« 慎重に「砂」を除去! | トップページ | 何だか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいで御座います »

デントリペア」カテゴリの記事

MINI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャープデントの場合・・・:

« 慎重に「砂」を除去! | トップページ | 何だか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいで御座います »