« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

本日、最終仕上げです!

昨日はちょっと遅い時間まで仕事をしていまして・・・

Sn3o0016
 お店の方にもご迷惑をおかけしました。

ルーフのリペアでしたが、補強の中でアクセスに大苦戦しました。

「かゆい所に手が届かない」とはまさにこんな状態です。。。



Sn3o0022
 最終的には、補強に穴を開けてもらい無事にリペアができました。

お店の方の協力もあり、なんとか間に合ったといったところですね。

本当に有難うございました。



Dscf5237
 そんなわけで、先日の「ランドクルーザー」は、本日最終仕上げとなりました。
(昨日はお伺い出来ず申し訳ありませんでした)


内張りもバラバラの状態で・・・

一日待ってもらいました。。。


Sn3o0014
残るはクォーターのへこみです。


数か所・・・衝撃点がありますが、固まってあるので複雑に変形している感じですね。

テール部分の縁が折れてしまっているので完全修復は厳しいです。


Dscf5239


凹みの一部が、内部のシートにかかっていましたので「直すところだけ剥がして」作業開始です。







Sn3o0023

 縁部分には多少の違和感は残りましたが、なんとかリペアできましたね。

傷も深かったので、バランス取りも大変でした。




Sn3o0025

 移り込みもここまで綺麗になりました。

こちらの業者様にも大変お世話になってしまいました。

本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年ぶりの再会です

昨日から遊びに来ていた東京都あきる野市のデントリペアアンドガラスリペア専門店デントリペア・ナガサキさん

Sn3o0009
約2年ぶりの再会で、昨日は遅くまでデントリペアの話で盛り上がりました。
もちろん、技術的な事も、実際にへこみを作ってあーでもない、こーでもない・・・
「こんな工具があるけど・・・どう?」なんて具合に、あっという間の2日間でした。

ナガサキさん、遠い所まで本当に有難うございました。

Sn3o0010
 ← こちらは本日ご依頼頂いた「トヨタ・ランドクルーザープラド」のルーフのデントリペアです。

見た目以上に、厳しいへこみです。。。

アクセスは悪くないんですが、支点の位置などの関係から、ルーフの真ん中辺を直す事が大変でした。(車も大きいですし)

Sn3o0012



歪は残っておりますが・・・

本日はここで終了です。




Sn3o0013
 明日、時間が取れたらクオーターのリペアもしますので、ついでにルーフももう少しつめてみようと思っております。

(クオーターも結構大変そうですが・・・)

こちらの続きはまたご報告させていただきますね。

本日は、ご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新店舗完成!

先日お伝えしたデントリペアZさん に続いて、東京都町田市のY's FACTORY さんも新店舗での営業を開始致しました。

201006264
(画像はY'sファクトリーさんのブログより)

新店舗住所 町田市小野路町2479-1

鎌倉街道沿い 以前の店舗から車で10分ほどの距離です。

← すごくきれいな店舗ですね~


Y's ファクトリーの(山内代表)山さんとは「デントリペア研修」などでもご一緒させて頂いている仲なんですが、私が開業した当初からのあこがれの人でもあります。

ものすごく影響を受けました。現在の私の店舗も山さんのお店を参考にさせてもらった点が多いです。

そして、Y'sファクトリーさんがこうしてすばらしい店舗に移られたことで・・・

私にも「新たな目標が出来た」気が致します。

山さん、本当におめでとうございます!(今度、遊びにいきますね~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科高原へ

本日は、お休みを頂きまして蓼科高原にある「バラクラ・イングリッシュガーデン」に行ってきました。

Sn3o0002
 平日なのに園内はかなりの混雑・・・他府県ナンバーも多く、人気スポットなんですね~(ちょっとびっくりです)

Sn3o0003  肝心のバラは・・・最盛期を過ぎていたのか?
満開というには程遠い雰囲気でしたが・・・ウチの奥さん曰く「庭作りの勉強」に来たのだから気にならないとの事でした。

レイアウトとかが参考になるんだとか・・・なるほど。

Sn3o0005
 妻がお勉強中に・・・すぐ近くの「蓼科湖」に行ってみました。

小じんまりした湖ですが・・・個人的にはこちらの方が癒されます。

「ヘラブナ」の魚影も濃そうなので、一度攻めてみたいですね。

Sn3o0007
 こちらは、湖畔のレジャーパークにあった「怪しげな建物」。

かなり狭い「恐怖の館」ですが・・・すごく入ってみたかったです。(残念ながら、本日は調整中でした)中にどんな仕掛けがあるんですかね~(本当に気になります)

と、まあ・・・1日、のんびりと蓼科高原を満喫してまいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真も頑張りたいと思います

デントリペアでへこみを修理する場合、パネルの裏側から専用工具で凹みを押し出して行く訳なんですが・・・

Dscf5220  
作業過程でパネルの表面から「叩く」という作業があります。
この「叩く」事は非常に重要なんですが、鈑金屋さんからご依頼を頂いた場合などにはパネルが塗りたて・・・なんて事もあります。

今回ご依頼頂いた「スズキ・セルボモード」もまさに板金塗装の真っ最中です。

Dscf5216

 幸いにもドアパネルの塗装は数日前に仕上げたとの事でしたので、今回は問題なく作業ができました。

ちょっと気は使いましたが「叩く」事も無事にできました。(最近の塗装は乾くのも早いですから・・・)



Dscf5219
 綺麗にリペアができました。

通常は色を塗る前にデントリペアをする事が多いのですが、塗装後に凹みに気づく事もありますからね。

ご依頼頂きまして有難うございました。

←それにしても・・・わかりづらい写真ですね・・・ちょっと写真の勉強もしないといけませんね~
こうしてブログを通じて「デントリペア」をお伝えしていっている以上「わかりやすく・クオリティーの高い」写真を撮るようにしていかないといけませんね。。。

今後は気をつけていきたいと思います。

お知らせ・・・明日、25日(金)はお休みを頂きます。
お電話でのお問い合わせには対応できますので宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bB・・・再び!

本日は朝から雨模様となりました。

Dscf5236 初めに板金屋さんでの作業の後、市内の中古車販売店様に移動・・・

天候は相変わらずです。

Dscf5234
ご依頼頂いたのは「トヨタ・bB」のデントリペアです。

こちらのお車は、先月にもリペアさせて頂きましたが、他のへこみも直してほしいとの事で再びご依頼を頂きました。





Dscf5222
Dscf5224
Dscf5225
Dscf5230
               いずれもフロントドア下部のへこみでした。

Dscf5233
 凹んだ状態のまま「タッチアップ」してありましたが、問題なくリペア完了です。

これにてすべてのへこみが無くなりすっきりですね。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご来店時刻寸前に・・・雨が!

本日ガラスリペアでお問い合わせ頂いたのは「トヨタ・RVA4」のオーナー様。

お見積りを兼ねて、仕事が終わる夕方にご来店頂く事になりました。

Dscf5207
ところが、ご来店時刻の30分ほど前から雨が降ってきてしまいました。。。

当店へ向かう途中、これだけの雨にあってしまったら・・・本日の施工は厳しいかもしれません。。。(破損部に雨水が浸透してしまうためです)

Dscf5211

ところが、被害にあわれた翌日にはすでに「ビニールテープ」を貼って応急処置をされていたようで、本日は何の問題も無く施工できました。

Dscf5213

オーナー様のリペアに対する深いご理解のおかげで御座います。

本当に有難うございました。

お電話で確認を取っていなかった為に、余計な心配をしていた私が反省でございます。

Dscf5215
 オーナー様の配慮のおかげで完璧にレジンが入って、強度も復活です!

          本日はご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日陰なら・・・なんとか。

蒸し暑い日が続きます。
最近は昼間のジュースを極力抑えて、夜においしくビールを頂いております。

その分、お腹も出てきてしまった気も致します・・・

Dscf4319
 こちらは出張修理で・・・

「ホンダ・エアウエイブ」のデントリペアです。

身動きの取れない状態の展示車両なのですが、幸い隣の車が日陰を作ってくれているので、そのまま動かさずにリペアしました。


Dscf4314
場所はフロント・フェンダーです。

これくらいの日陰ですと、なんとか作業ができます。

反対側は、太陽がモロに当たっていて屋外では仕事になりません。。。




Dscf4318

写り込んだライトが薄くなってきました。

太陽が真上に移動しちゃいましたね。。。

リペアは無事終了しましたが、やっぱり屋根のある所でのリペアが安心です。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。


余談ですが・・・長野県の天然記念物である「モリアオガエル」の繁殖がそろそろ終わるころです。
気軽に見ることは困難ですし、ちょっと時間もあったので、市内にある保護区に行ってみました。

Dscf5201
池のほとりの木の枝に沢山産みつけてありました。

Dscf5206 この泡のなかに300~600ほどの卵が入っています。
この中で「オタマ」になって、池にポトッと落ちていきます。

運が良ければ・・・成体も見れるかな・・・と思っていましたが・・・

さすがに気配もないですね。さっさと森に帰ってしまったようですね。

7月には、この池のほとりで小さなモリアオの子が沢山見れる事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭もにぎやかに・・・

梅雨も中休み・・・でしょうか?
この週末は天気も良く、出張修理なども予定通りこなせて一安心でした。

特に「ガラスリペア」の場合、雨は大敵となります。

ヒビの中に雨水が入ってしまうとリペアするのがかなり大変になります。。。
フロントガラスにヒビがはいってから、もし雨にあってしまったら

太陽をいっぱい浴びて・・・水分を蒸発させてからのリペアがベストです!(参考までに)

そんな梅雨の晴れ間・・・我が家の庭では、いろいろと楽しい光景が見る事ができました。

Dscf3214
 「マンデビラ」も咲き、いよいよ夏も本番といった感じがしますね。

Dscf5197
しかし、この季節・・・とにかく「アブラムシ」が大量に発生します!
頭を痛めている方も多いですよね。
花を大切に育てても、コイツに付かれると新芽を中心にたかられるので、植物もたまったものではありません。。。。

市販の殺虫剤もそれなりに効果はありますが・・・その他の生物たちも苦しめてしまうので、ガンガン散布してしまうのには抵抗があります。

天然素材の薬も多く出てきてはいますが、即効性はあまり期待できない気がします(予防としては非常に効果がありますが)

一番いいのは、アブラムシを食べてくれるテントウムシに期待するのがベストかもしれません。(エコですし・・・)

虫と言えば・・・

虫を捕える「食虫植物」。
食虫植物も、この時期グングン成長しますが・・・

Dscf3507
それより先に虫を捕まえちゃってるヤツがいたりします。(笑)

これから、ますます活気がでてきそうな我が家の庭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁に近い場所がへこむと・・・

本日ご来店頂きましたのは「ジャガー・X-TYPE」のオーナー様です。

Dscf5178
ピカピカのボディ・・・そしてボディカラーも味がありますよね。

Dscf5179
ボンネットもとっても凝ったデザインです。(直すには難しそうなラインですが。。。)

Dscf5172_2
 本日、デントリペアでご依頼頂いたのはフロントドア。

ピンポイントで深く凹んでいます。

タッチアップ跡もありますが、これだけ深いとキズが残る可能性があります。
そして、縁部分の折れ目・・・こちらも跡がのこります。(画像をクリックして頂けると確認出来ます)

このように「縁部分に折れ目」ができてしまうのは、二次災害みたいなもので、当たった衝撃により縁の折れ目ができてしまうのです。
パネルの端近くが凹んでしまった際には良くあるケースなのです。

Dscf5176

縁部分は、完全に二重構造になっていますのでツールが入りません。
状態によっては、縁の折れ目も消せる時がありますが・・・今回はちょっときびしかったです。

中心部のキズは出来るだけ目立たなくリペアしました。



Dscf5177
意識して見ると確認できますが、ここから「クリアー色でタッチアップ」して頂ければさらにわからなくなると思います。
メタリック色の場合、色合わせが本当に難しいので、「クリアー」で仕上げた方が楽ですし、仕上がりも綺麗だと思います。

オーナー様にも大変喜んで頂けました。

本日はご依頼頂きまして本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってからが肝心なんですね~

3日間お休みを頂き、いつものようにデントリペアの仲間と研修をしてきました。

Dscf5171_2
 今回は「ガラスリペア」についてもばっちり!

とっても充実した3日間となりました。

研修で得た情報などは、家に帰ってさっそく試してみる事もとっても大切です。

部屋にフロントガラスを持ち込んで・・・

納得いくまでやり続けることで、本当の意味での研修の終了となります。

当然、自分なりにすぐには吸収できない事もありますから、日々コツコツと試行錯誤の繰り返しなんです。
こんな状態がしばらくの間は続きそうですが、これもかなり楽しい事なのです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

縦スジ・横ズリ・・・

本日は朝から雨・・・そう言えば、長野は梅雨入りしているんでしたっけ?

今週は天気も下り坂のようですが・・・

最近の天候は本当に季節感がなくなってきている気がいたします。

Dscf4940

こちらは「ホンダ・CR-V」のデントリペアです。

デントリペアではおなじみの?ドアパンチによるへこみの修理でした。




Dscf4936
 

4cmほどのへこみでしたが・・・

ドアパンチの場合、当たった強さや、場所などでも変わりますが、基本的にはこのように「縦スジ状」にへこんでしまう事が多いと思います。





Dscf4937

 デントリペアのブログをご覧になっている方は「縦スジ」「横ズリ」・・・などの言葉を目にする事も多いかと思いますが、縦スジ状のへこみの方が、横ズリよりかなり直しやすいへこみなんです。

当たり方による違いなんですが、鉄板の伸びも少ない場合が多く、体制的にも見やすいので縦に凹んだほうが直しやすいように思います。

本日は、ご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

デントリペアvividからのお知らせです。

明日、6月15日~17日まではお休みとなります。ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願いいたします。
尚、電話でのお問い合わせには対応できますので、お気軽にお掛け下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーナー様の為に!

本日も、昨日に続き中古車販売店様からのご依頼です。

Dscf5039
 すでに売約済みのお車ですが・・・

「せっかくなので綺麗にしてから納車したい」という事です。

経費的にはお店負担となりますが、これもオーナー様の事を考えてのこと・・・

お客様からの信頼もえているお店って、こういった気配りが本当にできていますよね。



Dscf5064  
 中古車をリペアする時の私も(全国のデント屋さんも)同じ気持で仕事させてもらっています。

納車されて、車を見て・・・「へこみが無くなっていたら」ぜったい嬉しいに決まっていますよね。

今回も、精一杯リペアさせて頂jきました。
本日はご依頼頂きまして有難うございました。

夕方からは、ガラスリペアのお見積りに出かけましたが・・・
こちらは破損状態が厳しくリペア出来ませんでした。残念ですが・・・

Dscf5158
さて、こちらはデントリペアで使用する専用ライトです。

ちょっと時間ができたので、本日は久しぶりのメンテナンス。
デントツール(棒)は定期的に手入れをしますが、ライトなどは・・・久しぶりです。

毎日使っていると、所々痛みますね。
足りない材料は明日調達して、さらに使いやすくしようと考えております。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痕跡を残さず・・・リペア!

本日は、中古車販売店様からのご依頼を頂きまして出張修理にてリペアしてきました。

すでに、納車も決まっているお車ということで・・・
オーナー様も確認しているへこみなのかはわかりませんので、一応車種などは伏せさせて頂きます。

Dscf5131

ドアパネルのほぼ中央に2cmのへこみです。

黒い車の場合、へこみが小さくても目立ちますね。。。





Dscf5138

きっちりとリペア完了です。

凹んでいたことをオーナー様が知っていたとしても、これなら大丈夫ですね。

逆に喜んで頂けたら良いのですが。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

話はかわりますが・・・

Dscf5142
昨日、ガレージにある水槽の底砂利を「ガーネット」に変えてみました。

今朝見たら、魚の体色が見事なグリーンにかわっておりました。

飼いこむと「緑化」する種類なんですが、「ガーネット」のおかげで即効変化しました。


Dscf5154

蛍光色の粉をふいたように、とっても綺麗です。

通常の底砂利よりも、かなり高いのですがこれだけ変化があると、決して高い買い物ではないと思います。
(色にこだわらないのであれば必要無いのかもしれませんが・・・)



Dscf3979

以前は、こんな感じでした。

水槽全体も明るくなった感じもしますし、「ガーネット」はおすすめです!









| | コメント (0) | トラックバック (0)

近日オープン!

本日は、須坂市・中野市の業者様へお見積りとリペアにお伺いしましたが…

リペアの方は状態が厳しくリペア不可・・・残念ですが、まずはデントリペアに期待して頂き、へこみを見せて頂けた事に感謝いたします。

Dscf4982
 帰り道にちょっと寄った小布施町にある「岩松院」。


かわいい顔をした仁王像ですよね。。。






Dscf4981 岩松院と言えば、本堂の大間にある21畳敷の天井絵 (葛飾北斎最晩年の大作「大鳳凰図」)が有名ですが・・・

個人的には・・・・→こちらの方が興味あります。

産卵期には、かなりの数のカエルが裏の池に集まるんだそうです。



Dscf4980

今年の「合戦」はもう終わっていますからひっそりとしておりました。

毎年、お花見が終わるころがピークのようです。

そのかわり、池には沢山の「イモリ」がいました・・・まだまだ、身近な所に自然がのこっていますね。

さて、ここでお知らせですが・・・

親友である、埼玉県所沢市の「デントリペアZ」さんが新店舗オープンの為、毎日頑張っております。
今までは「出張専門店」としてやっておられましたが、これからは店舗型としてご来店されるオーナー様にも対応出来るようになります。
「腕良し・人間性良し」なので、埼玉方面の方にはグッドニュースですよね。
詳細はデントリペアZさんのHP などに載っておりますので、ご覧頂けたらと思います。

ぐっさ~ん、頑張って下さいね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キズがあっても!

本日は、当店から車で20分ほどの所にある業者様からのご依頼です。

デントリペアの場合、当日にご依頼が入る事が非常に多いので、出張
作業の場合、出来るだけ近場であると気持も楽ですね。
お電話があってもすぐに対応できますから。

Dscf5139

本日ご依頼頂いたのは「トヨタ・MR-S」のデントリペアです。

クォーターを中心に複数のご依頼を頂きました。有難うございました。





Dscf5124

ちょっと大きめのスジ状のへこみと、3cmほどのエクボです。

どちらのへこみにも、塗装キズがありましたがリペアには影響ありません。(この程度なら、裏から突いたことで「割れてしまう」事はありません。





Dscf5129

工具のアクセスは、テールを外すと問題なく届きました。

キズは残りますが、ほとんど気になりません・・・へこんでいるよりは絶対印象が良いと思います。



Dscf5126

こちらも、うっすらスジ状のキズが残っております。

普通の線キズよりは多少存在感はありますが、へこんでいる訳ではないので、そんなに目立たないレベルです。

(ボディカラーが黒なので見えてしまいますが・・・)


Dscf5122

 

ちょっと目立っていたのがこちらのへこみでした。

(帰宅してから気づいたのですが・・・施工後の写真を撮り忘れてしまいました)

こちらのへこみ・・・良く見ると、ステッカーの跡がありますよね。



Dscf5123 ステッカーでへこみを隠していたんだと思いますが・・・
施工後の写真がないので・・・残ったステッカーの「ノリ」の取り方をご紹介します。
我流ですが、溶剤のしみ込んだティッシュを5分ほど貼っておくと簡単に取れます。
ゴシゴシやらずに取れるので、キズが付きません。ご参考までに・・・

本日はご依頼頂きまして有難うございました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

こ、これは厳しい。。。

本日は、出張修理とご来店頂いてのリペア。
いずれも業者様からのご依頼でした。有難うございました。(もう1件、業者様からご依頼を頂きましたが・・・時間的に行くことができませんでした。すみませんでした・・・明日、確実にお伺いさせて頂きます)

Dscf5106  

こちらは、午後からご来店頂いた「スズキ・MRワゴン」のバックドアです。

パネルの上から下まで見事にへこんでおりました。





Dscf5107

縁部分も完全に折れてしまっていますし、塗装も割れています。

これはかなり厳しい状態ですが・・・

時間的な問題もあり、デントリペアで頑張ってみる事にしました。
縁部分の塗装剥げと、仕上がりについては「我慢して頂く」ことでお受けいたしました。

Dscf5108

 縁部分以外は綺麗にリペアできました。



でも・・・





Dscf5109
私にはこれが限界です。

ちょっと触ると塗装が剥げてしまう状態でしたし、へこみ方もきつすぎました。

業者様にはかなり喜んで頂けたので・・・お役には立てたようですが。

でも、こういった厳しいものを触らせて頂ける事は、大変勉強にもなりますので、とってもありがたい事なのです。

Dscf5112

最後に、ドアにあったエクボを直して終了です。

本日はご依頼頂きまして有難うございました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日もご来店頂き有難うございました

Dscf5087
午前中にご来店頂いた「ホンダ・オデッセイ」のオーナー様のデントリペアからスタートです。

先日、お見積りでご来店頂いた際にへこみよりも「凹んでいる場所」が厳しいので、どこまで工具が届くのか・・・ちょっと心配ではありました。



Dscf5081

バックドアのかなり縁に近い所がへこんでいます。

「お見積り」では、内装を外す事は少ないので、本当に心配でした。
(ドア、ボンネットなどは実際に工具を入れさせて頂くこともあります)



Dscf5086

内張りを外させて頂き・・・一安心です。

ギリギリまで工具が届きます。

「工具がしっかり入る事」は本当に重要です・・・デントリペアは。


Dscf5084


この部分は二重構造になっていたり、かなり狭くなっている車種もあるので、本当によかったです。






Dscf5085

きっちりリペア完了です。

小さな塗装キズは残りましたが、言われないとわからないレベルなので、問題ないかと思います。

オーナー様にも喜んで頂けました。


Dscf5094
 こちらはガラスリペアでご来店頂いた「ニッサン・キューブ」のオーナー様。

なかなかレジンが入らなくて苦戦しましたが・・・

時間をかけてじっくり施工させて頂きまして、最終的にはきっちりレジンが入りました。
これで来月の車検も無事にパスできますね!


Dscf5103
こちらは「スバル・インプレッサ」のオーナー様。

昨日もご来店頂いたのですが、時間的に施工できず・・・本日、再びお越しいただきました。
本日も、少しお待たせしてしまいました・・・申し訳ありませんでした。




Dscf5095

ご依頼は、ドアに9cmと横に25cmほどの横ズリのへこみ。。。

何かをかるく巻き込んだような感じです。

運悪く、インパクトビームにそって凹んでいた為、なかなか大変でした。





Dscf5104

内張りを外すと・・・以外にアクセスが良く、ビームが支点となってくれたので何とかリペアできました。

うっすらと歪は残りましたが・・・綺麗にバランスは取れたと思います。

本日、ご来店下さったオーナー様、本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅くても・・・難しいです

本日、ご来店頂きましたのは「プジョー306」のオーナー様。

Dscf5080
 「もう長い付き合いなんです」と言っておられましたが・・・

まったく年式を感じさせないほど綺麗で、正直驚きました。

すごく大切に乗られているんですね~



Dscf5071
ご依頼頂いたへこみは数か所ですが、目立っているのはクォーターにあった3cmのシャープデント。。。

他は、大きさこそ5~10cmほどありますが、うっすらとしたものが多かったです。

浅くても、広範囲のへこみって・・・

意外と難易度が高いので、1日かけてじっくりと施工させていただきました。

Dscf5077
こちらはフロントフェンダーの10cmほどのへこみです。

縦・横共に幅があるので、大変難しかったです。

90%は叩く事で直しましたが、思った以上に手ごわいへこみでした。

数か所、ご依頼頂きましたが・・・1箇所、どうしてもツールが入らず、リペアが出来ませんでした。(年式を考えますと、引っ張るのも怖いですし・・・)すみませんでした。

本日は、ご依頼頂きまして本当に有難うござました。

Dscf5079 本日は、「お見積り」などでのご来店も多数あり忙しくさせて頂きました。

本当に有難うございました。

リペア後、昨日からお預かりしていた「ゴルフⅣ」も無事に納車してまいりました。
(かなり集中してへこみがあったパネルがきれいさっぱり・・・とっても喜んで頂く事ができました)

明日も、ガレージで一日作業しております。・・・・がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいで御座います

本日は、ディーラーさんへの出張修理です。

Dscf5031  

 「スバル・ステラ」のボンネットのデントリペアのご依頼を頂きました。

「アクセスはこの穴からいけそうな感じですよ」と・・・本当にデントリペアをご理解頂いているので、いつも助かっております。


Dscf5021
 うっすらと2cmのへこみです。

お客様の為に・・・どんなに小さなへこみでも見逃さないその姿勢にはいつも頭が下がります。

長いことお付き合いをさせて頂いておりますが、こちらのお店では本当に沢山の事を学ばさせて頂いております。



Dscf5029


ご指摘のサービスホールからきっちりアクセスできまして、無事にリペアができました。






Dscf5030


写り込みも綺麗です。

ダークカラーの上に、意外と目立つボンネットの先端部分ですから、きっちりリペアさせて頂きました。




Dscf5026

私が、へこみと格闘中に・・・

なんとサービスの方が、私の愛車の汚れたヘッドライトを磨いていてくれているではないですか!





Dscf5033

何だか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが・・・

暑い中・・・本当に有難うございました。



Dscf5035

「ヘッドライトが綺麗になると、車の印象って全然違うでしょ」

確かに!

でも、本当に綺麗にして頂きましたよ~

ご依頼も頂き、お見積りもさせて頂き、ライトまで綺麗にして頂いて・・・本当に有難うございました。

夕方からは、別の業者様からのご依頼で・・・お見積りがてら中野市まで。

Dscf5067
沢山のへこみがありましたので・・・そのままお車をお預かりしてきました。


PM9:00・・・奇麗に仕上がりましたので、明日、納車に伺いますので宜しくお願い致します。

(施工例は後日、ご紹介させて頂きます)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープデントの場合・・・

本日の出張修理は「BMW・ミニ」のルーフのデントリペア。

Dscf4903
 先端の鋭いものが当たったようで、かなりシャープにへこんでいました。

無理に出してしまうと違和感が残ってしまうので、とにかく根気よくジワジワ出してくる他ありません。

あまり深いと、あえて芯を残してフィニッシュした方が良い場合もあります。


Dscf4906
最後のバランス調整には、いつも頭を悩ませますが・・・

伸びてしまった鉄板を無理に出すと出っ張ってしまうので、難しい所なのです。

肌目に紛れ込ますように、芯を残して仕上げました。



Dscf4910
今回施工させて頂いたお車ですが・・・

天張りを外すとこうなっております。
(脱着はサービスの方にして頂きました。有難うございました)

ミシン目の付いたダンボールが貼ってあり、直したい所だけ、このように剥がせばOK!
とってもナイスな構造ですね。
部分的に剥がせるので、パネルの張りを保ったまま作業ができました。

本日は、ご依頼頂きまして有難うございました。

Image1
夏も近付いておりますね・・・・本日は「夕立」がありました。
庭でカエルが鳴き出したな・・・っと思ったら、ゴロゴロと雷が鳴り始めました。

なんで雨が降るのがわかるのでしょうか?気圧と湿気に関係あるのかな?

昔からこれを「雨鳴き」と言いますが…メスを呼ぶ時の夜の鳴き声とは違う響きに聞こえるのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慎重に「砂」を除去!

平日の午前中と夕方は、業者さんへ出張修理に出かけている事がおおくなります。
夕方頃出かけるのは、お急ぎのご依頼の場合が多く、朝から出かけている時は、前もってご予約頂いている場合がほとんどです。

そして、お昼~夕方にかけてはガレージで待機している事が多いような気がします。

Dscf5011

本日、ご来店頂いたのは「スズキ・カプチーノ」のオーナー様ですが、丁度業者さんの所から戻った所・・・タイミング良くご来店頂きました。

ご依頼は、フロントガラスのリペアです。




Dscf5010
ちょっと古いキズのようで、衝撃点には砂やほこりが詰まっている状態。

ガラスリペアの場合、早めの修理がおすすめですが、時間をかけて、丁寧に施工すれば古いキズでも対応は十分可能です。

衝撃点をまずきれいにしてから作業開始です。(砂を取り除いた状態です→)
でも、砂などを取るのは意外と大変でした。。。

Dscf5019_2
 衝撃点は「雨ジミ」のような感じで残りますが、強度は確実にUPしております。

車検も問題なくパスできます。

オーナー様にも喜んで頂く事ができました。古いキズの場合、レジンを浸透させるのにも時間がかかるので、ちょっとお待たせはしてしまいましたが、きっちりリペアが出来たので良かったと思います。

本日は、ご来店頂きまして本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「出っ張り」もデントリペアで!

6月になりました。
今月誕生日を迎えるので・・・また歳をとってしまいます。。。。
いったい幾つになったのでしょう?
あまり考えたくない事ですが・・・でも、若いころより充実した日々を送っていることは確かなので・・・それだけで幸せなんだと思います。早かれ遅かれ、自分にもそんな時期が来て、それを実感できていることに感謝しておかなければいけませんね。

Dscf5008
仕事帰りにお立ちより頂いた「BMW320i」のオーナー様です。

ご依頼はボンネットの出っ張り。。。

お電話で「出っ張りって、デントリペア可能でしょうか?」とお問い合わせ頂きましたが、出っ張りに関してもデントリペアで施工ができます。(っというか、結構ご依頼を頂いております)最近、ホームページをリニューアルした際、そのことに触れていなかったので・・・反省しております。早急に書き足しておきます。

Dscf5003
工具箱を残して、うっかりボンネットを閉めてしまったようですが・・・

意外と良くやってしまうケースです。
私も、ドライバーを残したまま閉めてしまって悲惨な目にあったことがあります。。。

ボンネットから手を離した瞬間に気がつくんですが・・・もう遅いんですよね。

自分のVIVIOで2回ほどやってしまいました。

Dscf5006_2
 施工方法としては、出っ張りを叩いて落としてOKの時と・・・

薄くへこませる位にたたいてから、裏から押し出すパターンがあります。

出っ張り加減や、鉄板の堅さによって変わりますが、今回は後者のパターンで綺麗に仕上がりました。



Dscf5007
「出っ張り」の場合、塗装面にクラックが入っている事も多いのですが、今回は工具箱がプラスチック性で軟らかかったのが幸いしていたのかもしれませんね。

オーナー様にご確認頂き、とっても喜んで頂けました。

本日は、ご依頼頂きまして本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »