これが無いと不安・・・です!

デントリペアvivid 堀内です。

大切なデントツールが・・・!

Img_2331

ちょっと無茶な使い方をしたために・・・無残にも折れてしまいました(ノ_-。)

「これじゃないと直せない」などという事も多いので、ものすごく不安でしたが・・・

Img_2374
板金屋さんに溶接して頂き、無事に復活することが出来ました(^-^;

道具は大切にしないといけませんね・・・反省。

Img_2338
このような場所のエクボ。。。

Img_2333
内部にインパクトビームあり、わずかな隙間しかないという事が多いのですが。。。

Img_2337
このツールがあればほぼアクセスが出来ます。今日も助けられました(*^-^)





| | コメント (0)

何かこころに響くモノが!

デントリペアvivid 堀内です。

よく公園などで見かけるモニュメント・・・個人的には大概の作品は難しいモノ?が多いように感じてしまうのですが・・・

Img_2323
この作品は「見入って」しまいました。

とても「諸星大二郎」っぽく感じましたが・・・まさかね(^-^; 失礼しました。。。

Img_2228
本日まずはガラスリペアからご紹介です。

Img_2226
少し個性的なキズに感じますが・・・こういったコンビネーションブレイクはヒビの先端に意外とレジンが浸透しにくい事が多いので侮れません。

Img_2227

キズ跡が完全に消えていないと感じる方もいるかもしれませんが・・・これでも個人的にはいい仕事が出来たなぁと思っています。(かなりきれいに浸透してくれました)

Img_2257
続きましてはドアノブの上のデントリペアです。

Img_2251
鋭いドアパンチではありますが・・・それよりも、この辺はすんなり工具が入ってくれるのか?が少し心配な場所です。

Img_2256
無事にアクセスが出来ましたことが本当に良かったと思います。

御依頼頂きまして誠にありがとう御座いました。

| | コメント (0)

古いキズが割れなくて良かったですね!

デントリペアvivid 堀内です。

本日、午前中はお見積りのみでしたので比較的のんびり(いつもの調子)しておりましたが、午後からは出張、ご来店と・・・少々駆け足モードに!

Img_2286

こちらはリアフェンダーの凹み・・・小さいのですが深さがあり、非常に難し凹でした。

Img_2290
キズも少しあったのですが磨きのスペシャリストにきれいにしていただきました(*^-^)

Img_2271
こちらはリアドア上部の凹み。

Img_2274
ドアノブより上側は内部に補強がある事が多いのですが・・・こちらの車種は補強が無く、すんなり工具が入りました。

Img_2307
本日最後にご来店頂いたのはガラスリペアのお客様。(大変お待たせしてしまいました)

Img_2302
こちらの飛び石キズは特大サイズです。。。(本当に大きな音がしたそうです)

以前に修理された場所とかなり近い位置なのでこちらも難しい作業となりました。

Img_2303
修理前には見えにくかった以前の修理跡が確認できますね(左上側)

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。







| | コメント (0)

パネルの厚さは様々です!

デントリペアvivid 堀内です。

ドアパンチなどによるエクボ・・・大きさや場所(位置)によって難易度は様々なのですが・・・

Img_2223

こちらは軽自動車のプレスラインの凹み、5cmです。

工具のアクセスは問題なく、内張さえ外してしまえば作業はしやすい場所です。

Img_2224
・・・とは言え、最近の軽自動車は意外と手ごわくなりました。。。

Img_2264
こちらは外車のドア・・・プレスラインではないのですが、それでもパネルも厚いので非常に素直に反応してくれる感じです。

Img_2268
スジもきれいに短時間で消えてくれました(*^-^)

外車だからという事では決してありませんが、やはりパネルは厚めの方が直しやすいかもしれませんね。(反応が良い)

| | コメント (0)

仕事の後は・・・!?

デントリペアvivid 堀内です。

このところ暑い日が続いていて、仕事の後のビールがまた一段とオイシクなってきましたが・・・

Img_2221
・・・近頃はアルコールよりもどちらかと言えばお風呂が一番の楽しみです(o^-^o)

色々入浴剤にも凝ってしまうのですが・・・今はクナイプが大のお気に入りです。これがまた日本のモノとは一味も二味も違うのですo(*^▽^*)o

Img_2204
本日のご紹介はフロントフェンダーのデントリペアと。。。

Img_2199

Img_2203

ご来店頂きましたガラスリペアです。

Img_2218
Img_2212

写真ではうまく写らなかったのですが、衝撃点がすごく大きいキズでした。

Img_2217

特殊な大きなアダプターを使って無事にリペアが出来ました(^-^;

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。






| | コメント (0)

運転席正面のキズ・・・!

デントリペアvivid 堀内です。

本日もデントリペア&ガラスリペアの施工事例をご紹介させて頂きます。

Img_2141

こちらはリアドアの凹み、4cmです。

Img_2144
中には内張を外しても「大きな穴」が開いていない車種も御座いますが・・・概ねはこのような感じでアクセス出来るような構造になっております。

Img_2143
無事にリペアが出来ました(*^-^)

Img_1705
続きましてはフロントガラスの修理です。

Img_1703

運転席前のキズですが、運転中も(キズが)気にならないという事なので修理で問題ありませんね。(キズが気になり、運転に集中できないという方は交換が良いかもしれませんね)

Img_1704

こちらも無事にリペア完了です。

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。





| | コメント (0)

いずれは・・・跡形もなく。。。

デントリペアvivid 堀内です。

現場へ向かう移動中、突然電車が見えたので・・・一瞬 えっ! っと驚きましたが・・・

Img_2147
数年前に廃線となった河東線の跡とわかりました。

Img_2149
線路などはすべて撤去したものと思っていましたが、一部の区間は残っているのですね。(こちらの信濃川田駅跡には駅舎とホーム・・・そしてナント車両まで(展示?)残してありました)

廃線跡というのは、何かノスタルジックでとても味があります。そして思い出もたくさんありますね。・・・いつまでこのままの状態で居てくれるのでしょうか?

Img_2170
本日はこちらのフロントドアのデントリペアをご紹介いたします。

Img_2151
凹みはかなり深めで10cm以上ありました。

Img_2169
大分違和感のないようには仕上げたつもりですが・・・少しだけ歪が残ったというのが正直なところでしょうか(^-^;

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

内部の補強が影響して・・・

デントリペアvivid 堀内です。

本日ご紹介させて頂くデントリペアは・・・

Img_1678

フロントドアの凹み、6cmです。

Img_1663
裏側にビームがある為、凹みの周りが盛り上がり・・・少し歪な形になっています。

Img_1676
それでも内張を外せば、作業しやすい場所でしたので・・・無事に施工が出来ました(*^-^)

Img_2130
続きましてはガラスリペアです。 

Img_2127
スターブレイク・・・まさに星形です。

全てのヒビにレジンを浸透させるのが意外と難しいのです。

Img_2128
無事にレジンが入りました(^-^; これで安心です。

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。

| | コメント (0)

まだ桜が楽しめます!

デントリペアvivid 堀内です。

長野ではGW頃に見ごろを迎える桜の名所も沢山あります。

Img_2080
それでも温暖化の影響でしょうか?咲くタイミングが年々少しづつ早まっている気が致します。。。

Img_2069
こちらは当店リピーター様の会社のお車・・・トラックで車体が大きい為、出張にて作業させて頂きました。(当店はガレージが狭いですから。。。汗)

Img_2075
こちらのキズ以外にも飛び石によるひび割れが数か所ありました。

Img_2077
すべてリペア完了です!これで安心して連休明けから仕事ができますね(o^-^o)

Img_2104
こちらは御来店下さいましたお客様です。

Img_2088
衝撃点が非常に複雑で、キズも深い・・・と言いますが、ヒビに厚みがある感じでした。

Img_2102
こちらも無事にリペアが出来ました。ガラスにあまり負荷がかからないよう、少し抑えめに・・・時間をかけてリペアしました。

本日は御依頼頂きましてありがとう御座いました。


| | コメント (0)

押すこと以上に重要です!

デントリペアvivid 堀内です。

4月も最終日、そして昨日からGWに突入ですねo(*^▽^*)o

Img_2045
昨日はスライドドアの凹み(少し大きめ)をデントリペア。

Img_2043
プレスラインを横にこするような凹み・・・時間は掛かりましたが無事にリペアが出来ました。

Img_2025
こちらはドアの下部ですが・・・やはりプレスライン上の凹みでした。

Img_2022

デントリペアと言いますと、裏側から押し出すというイメージが強いかもしれませんが、プレスラインの凹みなどは特に、表から叩いて、叩いて、叩いて・・・そして押すという感じで直していく事が多いです。

叩く「ハンマー」も昔は色々なモノを試しながら使っていましたが、最近は木製の物がトラブルもなく、安心して愛用しています。

・・・という事で、昨日のデントリペアは少し大変でしたかね。。。(^-^;

Img_2053
そして本日はガラスリペアのお客様がご来店です。

Img_2047
2か所のキズが重なり合うような感じです。

Img_2048

キズどうしが完全につながっていれば別ですが、基本的には別々にリペアしていきます。

どちらも無事にレジンが浸透してくれました(o^-^o)

この度は御依頼頂きましてありがとう御座いました。




| | コメント (0)

«一度はゆっくりと・・・